城田優、三浦春馬と隙あらばわちゃわちゃ『オトナ高校』オフショット到着

写真拡大

三浦春馬が主演する『オトナ高校』(テレビ朝日系列、毎週土曜23:05〜23:59)は、深刻な少子化問題の打開策として政府が設立した公的機関「オトナ高校」を舞台に、チェリートこと30歳のエリート童貞・荒川英人(三浦)ら、異性との性経験がない30歳以上の男女たちが繰り広げる、不器用なオトナたちの“学園ドラマ”。11月11日に放送された第4話に続き、18日放送の第5話に城田優がゲスト出演し、“王子”を自称する童貞・総理の息子を演じている。この度、そんな2人の仲良しオフショットが届いた。

城田がクランクインした日から、2人は隙あらば、わちゃわちゃ! お互いにミュージカル経験が豊富なだけに、普通の会話をミュージカル風にしたり、童話を編曲してハモってみたり……。現場では、城田が何か始めると、それに三浦が乗っかる形で、いつもふざけては爆笑し、一息ついていたという。

第5話は、オトナ高校校歌の歌唱シーンもあるため、数日前から練習していた三浦。「完璧に覚えた!」と喜んでいた三浦の隣で、城田がわざと音程や歌詞を変えて歌うなど、ちょっかいを出す一幕も! 「やめてくれ〜! せっかく覚えたのに台無しだ〜!!」と抗いながらも、三浦は楽しんでいた。また、ある時には『クレヨンしんちゃん』(テレビ朝日系)の主人公・しんのすけのモノマネを始め、どちらが似ているか対決にまで発展。お互いの芝居はもちろん、それ以外の交流も毎日和気あいあいだったという。

しかし今回城田はゲスト出演のため、一緒にいられる日々は短く、城田がクランクアップを迎える日、2人は今後について熱く語り合う一幕も。すべての共演シーンを撮り終えた2人は「あっという間だったよね」と、ハグし合い、名残惜しそうにしていた。

ぶっとんだ設定が話題の本作だが、最近はピュアすぎる大人たちの、せつない恋愛模様が加速。登場人物が“不倫”“引きこもり”“ED”“同性愛”などの悩みを抱えながらも、告白したり失恋したり。一生懸命殻を破ろうとする姿に「みんなこじらせてるのに、なんだか共感」「意外に深くて名言が多い」と“新しい切り口の胸キュン”を感じながら、その成長を応援する声も増えている。

また、厚生労働省が2015年に行った「出生動向基本調査」で、実際に性経験のない30代独身男性は25%以上、30代独身女性は30%以上……というデータがあることからも「ありえないと思ったけど、リアルかも」「むしろ社会派ドラマ」という声もインターネット上であがっており、大きな賞賛を受けている。