現在はガイナーレ鳥取の代表取締役GMを務める岡野氏

『ジョホールバルの歓喜』から20年。
激闘の舞台裏を今、改めて振り返る(1)
――岡野雅行編(後編)

1997年11月16日、フランスW杯アジア最終予選・第3代表決定戦。日本はイランを延長Vゴールで下して(3-2)、初のW杯出場を決めた。今回、その『ジョホールバルの歓喜』と称された舞台の”主役”となった岡野雅行氏を直撃。20年前と今の、日本代表について語ってもらった――。

前編から読む>

――ちょうど20年前のW杯アジア最終予選。日本は、岡野さんがVゴールを決めたイランとの第3代表決定戦に勝利して、悲願のW杯出場を決めました。そして実際、W杯本番を迎えるわけですが、そのときの率直な感想を聞かせてください。

「夢が叶った、ですよね。小学校の卒業文集に『夢はプロになること。代表選手になること。W杯に出ること』と書いていましたから。しかも、日本が初出場した大会で、アルゼンチンと対戦することになった。それは、本当に信じられないことでした。だって、僕ら世代が初めてW杯を見たのは、アルゼンチンが優勝した1986年のメキシコW杯。まさしく(ディエゴ・)マラドーナの大会ですよ。あれに衝撃を受けて、アルゼンチンが大好きになって、ずっと憧れでしたから。

 こんなこと言うと怒られてしまうかもしれないけど、あそこで日本がアルゼンチンに勝たなくて、正直よかったと思っています。負けて帰ってからは(日本では)いろいろと言われましたけど、彼らには長い歴史があって、僕らは初出場ですから。もし日本が勝っていたら、僕は『世界って小っちゃいな』と勘違いしていたかもしれないですし」

――大会へ向けての思いはどうだったのでしょう。

「(大会前から)ずっとワクワクしていましたね。(フランス入りしてからは)空港からホテルまでパトカーが先導してくれて、ホテルに着いてオーケストラの演奏で出迎えられたときには、『なんじゃ、こりゃ』と思いましたね。ものすごい待遇でしたから」

――日本はグループステージで、いきなりアルゼンチンと激突し、2戦目もこの大会で3位入賞を果たすクロアチアと対戦。どちらも0-1で敗戦しましたが、その結果をどうとらえていましたか。

「たったの1点差ですけど、その差はとてつもなく大きかった。何が一番違ったのかというと、フィジカルでした。世界の選手って、技術がすごいのかなと思っていたんですが、トラップなんかは日本の選手のほうがうまいくらい。でも、フィジカルの違いは半端なかったですね。

 あと、いわゆる”教科書”に載っていないことをするんです。トラップミスをして相手が詰めてきたところを、逆にガシャンと(詰めてきた相手に)ぶつかっていって前に出ていく。すると、こちらは完全に数的不利になるので、きれいに仕掛けられるよりも怖いんです。それも、フィジカルですよね。

 大会が終わって帰国して、ヒデ(中田英寿)とふたりでご飯を食べにいったとき、『(W杯で)何が一番印象に残った?』という話になって、互いに『フィジカルだよな』と。それで、『あんなのは世界でしか味わえないから、(海外へ)出ていかないとな』と言い合って、彼はペルージャ(イタリア)、僕はアヤックス(オランダ)へいったんですよ」

――当時、日本人が欧州でプレーすることは、非常に珍しいことでした。それが今では、多くの日本人選手が欧州のクラブに所属しています。日本代表も「欧州組」がメンバーの大半を占めるようになりました。20年の時を経て、日本代表も進化、成長しているのでしょうか。

「相当していると思いますよ。技術や戦術といった部分は、世界のスタンダードに近づいているでしょうね。ただ、今は”怪物”がいない。総じて技術は高いのですが、何かひとつのことに長けているような、規格外の選手がいない。そういう選手が出てきてほしいですよね。

 今の代表にも、そんな選手がひとり、ふたりいたら、かなり面白いチームになると思うんですけどね。うまいだけだと、それで?ってなっちゃいますから。(リオネル・)メッシとか、クリスティアーノ・ロナウドとか、うまいだけじゃなく、絶対にゴールを決めるじゃないですか」

――今の日本代表を指揮しているハリルホジッチ監督については、どんな印象をお持ちですか。

「前回のブラジルW杯でハリルホジッチ監督が率いていたアルジェリアを見ると、大きいストライカーと小さいウイングがグワーッと仕掛けていくサッカーをしていた。それで成功したので、日本でもそれをやりたいんじゃないですかね。ただ、おそらく(監督の)想像とは違って、日本にはそんな選手がいない。だから、苦しんでいるようにも見えます」

――日本人の特徴を生かして、パスサッカーで戦うべき、と考えている人が識者の方々にも多いようです。

「いや、でもねぇ……。それは、おそらくスペインの真似をしようとしているんでしょうけど、彼らは幼い頃からずっとそういうサッカーをやってきて、今があるんです。日本がいきなり同じサッカーをやろうとしても、無理な話なんじゃないでしょうか。

 確かに日本の選手も、ある程度パスは回せるようになったかもしれないし、ハマったときのパスワークは実際にすごいと思いますよ。でも、きれいなサッカーだけじゃ、世界では絶対に勝てない。パスワークを土台にするのはいいとしても、サイドで仕掛けていける選手とか、1対1に強い選手とか、そういう選手も育ってこないと、この先に進むのは難しいでしょうね。

 これは持論ですが、日本代表の問題は決定力不足ではなく、決定機不足だと思うんです。きれいにボールを回して、崩し切らずにアーリークロスを上げているだけでは、ボックス内に相手はそろっているわけですから、決められないですよ。もっと相手を揺さぶって、崩し切ってボールを入れれば、多くの決定機が生まれるはずなんです。

 2002年の地元開催を除けば、2010年の南アフリカW杯がこれまでの最高成績だと思いますが、あのときは前線に本田(圭佑)、大久保(嘉人)、松井(大輔)と戦える選手がそろっていましたよね。やっぱり最後は”個の強さ”ですよ、いろんな意味で」

――勝負を仕掛けるという点において、期待している選手はいますか。

「乾(貴士)や原口(元気)、浅野(拓磨)などは面白いと思います。結局、(勝負どころでは)個人能力が大事だと思います。だから、育成やスカウトというのは重要なんですよね。

 今の日本のクラブの下部組織って、中学校や高校の受験みたいじゃないですか? 決まった指導の中で、決められたことを忠実にこなせる子だけが上のカテゴリーに進んでいけるといった感じでしょ。そうじゃなくて、埋もれている”怪物”や”化け物”を探し出して、その子の持っている特徴をどんどん伸ばしていくような指導があってもいいと思うんです。何か特別な武器を持ち、それを用いて世界と”喧嘩”できるような選手を見たいですね」

――岡野さんもアヤックスの練習に参加したとき、規格外の俊足を買われてトップチームから誘われた、という話を聞きました。

「そうなんですよ。あの(イラン戦の)Vゴールを見て練習生として誘ってくれて、そこで『こいつは何か持っている』と評価してくれたんでしょうね。でも、当時の所属先だった浦和レッズから『そんな(トップチームに上がれる)ことなんて、あるわけないだろっ。早く帰ってこい!』と言われちゃって。あの頃はまだ代理人とかいなかったので、弁護士の方に(移籍交渉を)お願いしたんですけど、(アヤックスに残ることは)実現しませんでしたね。レッズからは『絶対に戻ってこい』の一点張りでしたし……。

 もしアヤックスに移籍していたら、(エドウィン・)ファン・デル・サールや(ヤーリ・)リトマネンなんかと一緒にプレーできたんでしょうね。そのチームの『右ウイングを任せたい』と言われていましたから」

――時代が時代であれば、違っていたかもしれませんね。

「いや、移籍していたら、潰れていたかもしれないですけどね。でも、練習は本当に刺激的でしたよ。ファン・デル・サールがゴール前に立ったら、シュートを打ってもまったく入る気がしなかったですから(笑)」

◆「ジョホールバルの歓喜」20周年大特集を掲載している
『週刊プレイボーイ』第48号は好評発売中!

■サッカー代表記事一覧>>