@AUTOCAR

写真拡大 (全3枚)

BMW X8の噂を検証

2020年。BMWブランドで最も高額なモデルが誕生する。

その名はBMW X8だ。AUTOCARの予想イラストをご覧頂きたい。

レンジローバー、さらにはクーペスタイルのアウディQ8と競合するモデルとなり、ベントレー・ベンテイガ、ランボルギーニ・ウルス、ロールス・ロイス・レイスとも市場を争う可能性がある。

「ラグジュアリーSUVセグメントは急拡大していますから、そこにはチャンスがあるのです」と語るのは、BMWの開発部門を率いるクラウス・フローリッヒだ。

「BMW X8についてお話をするのは、時期尚早です。ただ、わたしがプロダクション戦略の職について、最初に決定したことはX5を活かしてX6を作ることですから」
 

BMW X8、目指すは中国

「多くの人が、この計画に対して首を縦に振りませんでしたが、今ではX2、X4、X6というラインナップが存在します」

「X8にはマーケットが存在するのです。もちろん一番重要なのは中国市場です」


目下話題の中心は、X8が

・X7を “クーペスタイリング” にしたモデルなのか
・X7を “ロングホイールベース” にしたモデルなのか

とう点である。
 

BMW X8、3列シートを選ばず

これまで入手した情報によれば、クーペスタイルにしろ、ロングホイールベースにしろ、いずれにしても4座、5座という2列シート車となる可能性が高い。


これは「スライド量」や「ラグジュアリー性」でアピールしようという判断であり、3列7座で実用性を重視したX7(写真:フランクフルトショーより)とは異なるパッケージを採用するようだ。