ヴァイッド・ハリルホジッチ監督は欧州遠征を終えて何を思うのか【写真:Getty Images】

写真拡大 (全2枚)

W杯本大会を想定した有意義な欧州遠征

 日本代表はブラジル戦とベルギー戦、欧州遠征の2連戦を終えた。どちらも敗れはしたものも、その試合で得られた感覚は、今後に向けてポジティブな収穫になる。ロシアW杯本大会で同じグループに入るかもしれない世界の強豪と戦うために、日本が伸ばさなければならないところがはっきりと見えてきた。(取材・文:河治良幸【ブルージュ】)

--

 前半でほぼ決着がついてしまったブラジル戦と打って変わり、14日のベルギー戦はテストマッチながらロシアW杯の組み合わせ抽選で“ポット1”に入る国との対戦を、本大会まで半年という時期に高い水準でシミュレートできたという意味で非常に有意義な経験となった。

 これまでの対戦成績も示す通り、日本代表にとって同じ“格上”でも、南米のブラジルと欧州のベルギーでは単純なレベル差ではない国同士の相性というものもあるかもしれない。だが、アウェイの環境で70分過ぎまで0-0を引っぱり、攻撃でも最後に決め切るかどうかのシーンまで何度か持ち込めたというのは「相手をリスペクトしすぎていた」(ヴァイッド・ハリルホジッチ監督)というブラジル戦の反省を踏まえ、監督だけでなく、選手がレギュラーもサブも今できることを短い準備期間で突き詰め、ピッチで表現した成果として評価できる。

 そうした強豪との勝負のベースとなる部分がある程度まで引き上がったからこそ、本大会に向けて足りないものや、必要なものが浮き彫りになってきた。それは今後のメンバー選考にも大きく関わる問題だ。親善試合でありながら0-0で後半途中まで進行したことで、試合の緊張感が高まってきている中で、ハリルホジッチ監督は勝負とテストの両にらみの交代カードを切ることを求められた。

 主力の数人を欠いていたこの試合のベルギーに、W杯本大会を想定した力があったのかどうかはさておき、こういう相手と本大会で後半途中まで0-0で進行していたら、中盤の守備で効いていた長澤和輝を下げ、より攻撃的な森岡亮太を入れて中盤の陣形も変えるようなことをしただろうかと考えると、難しい。その選択以上に1つ誤算があったとすれば、浅野拓磨と交代で右サイドに投入された久保裕也の攻撃への意識が強く、対面するナセル・シャドリへの警戒をゆるめてしまったことだ。

現状はオプション不足が顕著。残り半年で予想外の大抜てきも?

 試合後、長友佑都が「すごい前の選手たちが頑張っている中で、ただ1つ気を許すとやられてしまうんですよね、このレベルだと。だから、いかに95分、アディショナルタイムが終わるまで集中を切らさないか」と強調していたが、そうした問題は得てして交代カードを切った後に出やすい。久保も相手の危険なところは共有していたはずだが、先発の浅野より点を取るという方に比重が向いていたし、監督の指示もより攻撃で効果を出すためのものであったかもしれない。

 ただ、こうしたシチュエーションをこの段階でチームとして経験できたことで、本大会で似た状況になった場合に勝ち点なども考えながら、監督がどういう交代カードの切り方をするのか、そこで攻守のバランスや集中力といったものをチーム全体にどう共有して良い方に導くかをイメージしやすくなったはずだ。

 最終的には約3週間の合宿から大会に入っていくので、スタートの準備だけでなく、終盤の勝っているとき、負けている時、同点から勝ち点3が欲しい時、勝ち点1を確実に獲りたい時など、状況に応じた想定をしやすくなる。

 そうした勝負のカードや戦術的なオプションを考えた場合、現状は引き出しが少なすぎるという問題がある。そうしたことからハリルホジッチ監督の手腕への疑問や不安も出ているが、そうしたオプションはアルジェリア代表でも予選後から本大会への半年あまりで構築しており、リヤド・マフレズのようなそれまでのチームになかった武器を持つ選手のチームへの組み込みもこの期間に行っている。

伸びしろ残したハリルジャパン。新たなオプション発掘が肝に

 ベルギー戦であれば、73分に前線を大迫勇也から杉本健勇に代えたが、本大会であれば大迫を残した上で、残り10分というところで杉本を加えて2トップにするような、前線により迫力を加える選手交代も可能だ。また、そうしたジョーカーとしての効果を発揮できる選手をここから発掘していくこともできる。

 また今回は井手口陽介が主にセットプレーのキッカーを務め、ブラジル戦では槙野智章のゴールをアシスト。ベルギー戦でもサイズで勝る相手の守備に対しても、味方に合うシーンが増えてきたのは1つ収穫だ。とはいえ長友が「11人が必死に守って、ショートカウンターなりセットプレーで点を取っていく」と語るように、セットプレーを“ハリルジャパン”の得点源とするには準備もキッカーとターゲットマンの選択肢も足りていない。

 当然ながらブラジル戦とベルギー戦で感じた強豪との差や、それを埋めるための基準になる部分、組織としてのインテンシティーはさらに高めていくことが前提で、さらにどれだけオプションを加えて勝負所での戦いにおける底力を研ぎ澄ませていけるかどうかがW杯本大会での躍進のカギを握る。

 あらゆる状況を想定する中で今回はメンバーから外れた従来の主力選手や怪我で離脱していた選手にチャンスが与えられるかもしれないし、12月に行われるEAFF E-1サッカー選手権(旧東アジアカップ)で活躍した選手を含め、新戦力の台頭が見られるかもしれない。

「私の頭の中にはもう少し、ここを伸ばしたいというアイデアはある」とハリルホジッチ監督は言った。ここまでは予選突破というノルマをこなしながらベースを作ってきたということ。そこにどんなオプションを加えてW杯本大会に臨むか分かるのはまだ先だが、その中にアルジェリア代表監督時代のマフレズの抜擢にも似た“サプライズ”が用意されるかもしれない。

(取材・文:河治良幸【ブルージュ】)

text by 河治良幸