彼氏の浮気癖に手を焼いている女性は、実は少なくありません。

浮気癖を直すには、浮気が発覚した時に、浮気したことを後悔させる対応をとることが肝心です。


出典:https://www.shutterstock.com

そこで今回は、“浮気した彼氏を後悔させる対応”をご紹介します。

 

■自分の至らなさを謝罪する

「本当にごめんね……。私の魅力がなかったから、他の女性に手を出したんだよね……?」

「いつも愚痴や不満ばっかり言ってたから、○○に負担かけすぎちゃってたんだと思う……。本当に私ってダメな彼女だよね……。」

上記のような“自分を責める対応”は、浮気した彼を後悔させるのに効果的です。

浮気したのは100%彼氏が悪いことは、彼自身も理解しているはず。

しかし、あえて彼氏ではなく自分を責めることで「俺が悪いのに彼女を追い込んでしまった……」「自分の過ちが罪のない人を傷つけるなんて……」と後悔させることができるでしょう。

 

■決して怒らない

浮気が発覚したら、彼氏を怒鳴りつけたい気持ちになるかもしれません。

ですが、怒ってしまっては彼氏を後悔させることは難しいでしょう。

怒られると、「お前のそういうところが嫌だから、俺は浮気したんだよ!」と、逆ギレされてしまう可能性があり、「浮気したことで彼女を傷つけてしまった……」という後悔を感じさせにくくなってしまうのです。

できるだけ冷静な態度で、まずは彼氏の話を聞くように努めましょう。

 

■無言、のちに手紙

浮気が発覚しても、無言を貫くというのもひとつの手段です。浮気をした彼氏が謝っても逆ギレしても、彼女が何も言い返してこないと、かえって不安に感じるでしょう。

そのため、彼氏の頭の中では「どうすれば許してくれるんだ……」「頼むから何か言ってくれ……」と、後悔の念でいっぱいになるはず。

それから数日後、「浮気をされてとても傷ついた。信じていたのに」と、浮気をされたときの胸の内をラインや手紙で伝えます。

文字で伝えれば何度でも読み返すことができ、自分がしたことの愚かさを胸にしみ込ませることができるため、本気で反省させたい場合に効果的です。

 

実際に彼氏が浮気をしてしまった時に、今回ご紹介したような対応をとることは難しいかもしれません。そのため、普段から感情的にならず冷静でいられるよう意識しておくことが大切です。

【画像】

※ Dmytro Zinkevych/shutterstock

【関連記事】

※ ゲスすぎる!本当にあった社内不倫エピソード【夫・52歳編】

※ 今すぐしたい…彼の性欲を爆発させるテクニック

※ かわいすぎッ!男性が「デート中」に思わずときめく女性の行動