ベルギー戦に臨んだ日本代表のスターティングイレブン【写真:田中伸弥】

写真拡大 (全2枚)

ベルギーに守備が通用したのは収穫

 現地時間11月14日、欧州遠征を実施している日本代表はベルギー代表とアウェイで対戦し0-1で敗れた。ブラジル戦では通用しなかった守備がこの試合では機能。後半途中まで無失点と拮抗した試合となった。W杯本大会に向け、ベルギーを相手に守備のメドが経ったのは収穫であるが、グループリーグ突破のためには得点力も必要になる。攻守のバランスは今後どうなっていくだろうか。(文:西部謙司)

----------

【ベルギー1-0日本】

 ベルギー戦はブラジル戦よりも守備は機能していた。違う言い方をすると、ブラジルには通用しないがベルギーには通用するレベルにある。

 日本は守備ブロックを置きながら、ハイプレスとミドルプレスを使い分けている。ベルギーにはそれが効果的で、ブラジルにそうでなかったのは、単純に相手が違うからだろう。

 ミドルゾーンからハイプレスに切り替えるときに、日本のディフェンスラインは裏を警戒して押し上げに慎重さが見られた。つまり、ハイプレスにかかったときにMFとDFのラインが乖離する傾向があり、そこを埋める選手が1人しかいない。

 ブラジルは日本の守備のやり方をすぐに理解し、ミドルプレスの開始地点の手前でキープしていた。日本がハイプレスに切り替える瞬間を縦へ出る合図と捉えていて、スペースの広がった日本のMFとDFの間をついてきた。

 ベルギーにはブラジルほどの戦術眼がなかった。わざと日本にハイプレスさせて隙をつく狡猾さはなく、この試合用のビルドアップを用意した形跡もなかった。日本のハイプレスをまともに受け、普通に困っていた。

 日本の守備は組織的な弱点があるので、そこをつかれると辛いものがあり、この試合でもチャンスは作られているので無傷ではない。ただ、差し引きでプラス材料が多かったのではないか。初見の状態ならベルギーのクラスにも効果があると確認できたのは収穫といえる。

ポット1に勝つのは難しいという現実

 ポット4に振り分けられた日本はグループリーグの4チームで最弱の位置づけになる。ブラジルとベルギーは逆にグループ最強クラスだ。従って、ブラジルとベルギーに負けたのはごく当然の結果にすぎない。ポット1のチームを相手に勝ち点は計算できない。ドローなら十分だ。

 ブラジルには完敗だったが、ベルギーには0-1。ロースコアの流れに持って行けたので、運がよければドローにできる可能性は見出せた。悪い結果ではない。ただ、やはりこの内容では勝つのは難しい。日本のペースともいえた前半でもチャンスメークとシュート数では完全に相手のほうが上だった。

 後半は日本のペースが落ち、ベルギーもギアを上げてきたために劣勢になった。相手を下がらせるキープができないために、連続的に攻撃されてさらに体力を失っている。ミドルプレスとハイプレスが効いているうちは互角に戦えるが、自陣に押し込まれると耐えられなかった。

 日本にもチャンスはあったが決めきれず。ただ、もともと決定力に差がある以上、チャンスの数ないし質で上回れなければ勝機は薄い。現状でポット1のチームに勝つのはやはりかなり難しい。

創造力と守備力のバランス。ポット2、3のチームに勝つために

 ロシアでグループリーグを突破するために重要なのは、ポット2と3のチームに勝つことだ。その意味で、ブラジルやベルギーに善戦することに大した意味はない。とはいえ、ポット2と3も日本より格上なので、ベルギー戦で守備にメドをつけられたのはよかった。ベルギー相手にもブラジル戦と同じなら手ぶらで帰るところだった。

 ポット2と3の相手に勝つには、当然得点しなければならない。ハイプレスがベルギー戦のように機能すればチャンスに直結するので、その見通しはつけられるだろう。セットプレーの精度が上がっていることも期待できる。

 得点するには創造性やインスピレーションもかなり重要な要素になる。森岡亮太はその点で貴重な戦力になりそうなので引き続いて招集すべきだと思う。

 攻守両面で貢献した長澤和輝については先発候補に浮上したといっていいかもしれない。ベルギー戦では長澤から森岡への交代が守備力を落としたといえる。ただ、親善試合なので森岡はテストすべきだったし、森岡が入ったことでチャンスも作れた。このあたりの攻守のバランスをどうするかは本番でポイントになりそうだ。

 最後に、残り数分で吉田麻也をトップに上げて放り込まなかったのは疑問である。手の内を隠すために監督から禁止されていたなら仕方ないが、そうでないなら定石として監督の指示がなくても選手の判断でやるべきだった。

(文:西部謙司)

text by 西部謙司