【大会4日目】ディミトロフ準決勝進出へ、繰り上げのカレーニョ ブスタはティームに惜敗[ATPファイナルズ]

写真拡大

「ATPファイナルズ」(11月12日〜11月19日/イギリス・ロンドン/室内ハードコート)の大会4日目はシングルスとダブルスのラウンドロビン(総当たり予選)がそれぞれ行われた。

1勝同士で準決勝進出の掛かった戦いとなったのは、グリゴール・ディミトロフ(ブルガリア)とダビド・ゴファン(ベルギー)。予選突破のために勝利したい両者の対決は6-0、6-2という圧倒的なスコアでディミトロフが勝利し、準決勝進出を決めた。

初戦を黒星でスタートしたドミニク・ティーム(オーストリア)は、初戦の試合終了後に棄権を表明したラファエル・ナダル(スペイン)に代わって出場することとなったパブロ・カレーニョ ブスタ(スペイン)と対戦。6-3、3-6、6-4のフルセットでティームが勝利し、準決勝進出へ望みをつないだ。

シングルスのグループ〈ボリス・ベッカー〉ではロジャー・フェデラー(スイス)が、グループ〈ピート・サンプラス〉ではグリゴール・ディミトロフ(ブルガリア)がそれぞれ2勝をあげて準決勝進出を決めており、残る椅子に誰が着くのか目が離せない。

◇   ◇   ◇

【大会4日目 主な試合結果】

◆シングルス ラウンドロビン

◯グリゴール・ディミトロフ(ブルガリア) 6-0、6-2 ●ダビド・ゴファン(ベルギー)

◯ドミニク・ティーム(オーストリア)6-3、3-6、6-4 ●パブロ・カレーニョ ブスタ(スペイン)

◆ダブルス ラウンドロビン

○ルーカシュ・クボト(ポーランド)/マルセロ・メロ(ブラジル) 6-4、6-3 ●ボブ・ブライアン(アメリカ)/マイク・ブライアン(アメリカ)


(テニスデイリー編集部)

※写真はナダルに代わって出場したカレーニョ ブスタ
(Photo by Clive Brunskill/Getty Images)