据え置きタイプの「W-QA01」。(写真: エレコムの発表資料より)

写真拡大

 エレコムは7日、Qi規格に対応したワイヤレス充電器を11月中旬に発売すると発表した。置くだけで充電できる卓上型と、端末を挟むホルダー型の2種。充電器への充電はUSBで行え、すべり止めシールが付属する。卓上型の価格は7,657円、車載用にも使えるホルダー型は1万930円。

【こちらも】iPhone 8で導入されたワイヤレス充電って何?本当に便利なの?

■Qi(チー)に準拠した正規認証品

 卓上型の「W-QA01」と、ホルダー型の「W-QC01BK」はそれぞれ同様の機能を持つが、「W-QA01」の機能を紹介する。対応機種はiPhone 8/8 Plus/X。Android端末では、Galaxy S8/S8+に対応している。

 国際標準規格のQiに準拠。この規格はワイヤレスパワーコンソーシアムが策定したもので、エレコムは、その正規会員企業の1つだ。

 Qi対応の充電器は、「電磁誘導方式」を採用している。スマートフォンと充電器にはそれぞれコイルがあり、充電パッドがスマートフォンのコイルを検出した際、充電器のコイルが自動移動する仕組みだ。また、金属が検出された場合は、発熱防止により給電を自動停止する。

■USBでの充電が可能 LEDで動作確認

 USBケーブルは購入時に付属し、PC経由等での充電が行える。出力5V/1.5A以上のUSB充電器があれば5Wでの充電が、Quick Charge 2.0以上のUSB充電器があれば、9Wの急速充電がそれぞれ可能だ。

 動作は、LEDで確認できる。青色は使用可能な状態で、赤色であれば充電中を示す。紫色は出力不足を示すので、本体充電のサインとして役立つ。 

■持ち運びに便利 すべり止めシール付属

 ケーブルは着脱式のため、持ち運びにも便利だ。すべり止めシールも付属しているので、安定した設置も行える。卓上型「W-QA01」のカラーバリエーションは、ブラック・シルバー・ゴールドの3色。

■車載ホルダーならではの機能

 車載ホルダー「W-QC01BK」は、スマートフォンを挟むだけで充電できる。強力なゲル吸盤タイプなので、しっかり固定してくれる。本体の取り外しもできるほか、角度はボールジョイントで調節可能だ。