就職活動時に求められるエントリーシートの形式は企業によってさまざまだ。手書きの提出を求める企業もある (写真:風見鶏 / PIXTA)

就職活動には大きくわけてふたつの関門がある。ひとつが面接、もうひとつが「エントリーシート(ES)」だ。

就活では自己分析や業界・企業・職種研究を進めて準備する。そこで考えた志望動機や自分のプロフィールを記載して企業へ応募する。その応募用紙(画面)がエントリーシートだ。文面で選んでもらえなければ、面接に進めない。だから学生は悩む。印象的な内容にするために、留学する者、サークルを作る者、ボランティアをする者もいる。学生時代のリアルなエピソードを、エントリーシートに盛り込もうと躍起だ。

各社の個性が出るエントリーシートの課題


しかし、企業は、エントリーシートに課題を出す。求めるのはエピソードだけでなく、学生を楽にさせることはしない。難関な質問に遭遇して学生は驚く。その課題は、強く印象に刻まれ、記憶される。

では、どんな企業のエントリーシートの課題が印象にのこったのか、聞いてみた。紹介するデータは、HR総研が今年6月に楽天「みん就(みんなの就職活動日記)」と共同で行った、2018年卒業予定の就活生を対象にしたアンケート調査である。約2500人の就活生がひとり1票で、「エントリーシート(の課題)が印象に残った会社」を選んでもらった。同時にその理由も記載してもらっている。結果は文系学生、理系学生別に集計している。

上位の会社を紹介していこう。文系の1位は三井住友海上火災保険となった。理由は「たくさん書かされたから」(文系・中堅私立大)、「設問数が多かった。他社にはない切り口の質問だった」(文系・中堅私立大)と、書かねばならない量に驚いたようだ。

HR総研では、企業が出すエントリーシートの内容について調査しているが、2018年卒採用の三井住友海上火災保険の質問項目を見ると、下記のようになっている。

■三井住友海上火災保険のエントリーシート課題
「専攻テーマ(100文字以内)」
「体育会での戦績(50文字以内)」
「部活動での戦績(50文字以内)」
「サークルでの戦績(50文字以内)」
「その他課外活動の特筆すべき成果(50文字以内)」
「あなただけの一芸(50文字以内)」


学業以外のエピソードが多い印象を受けるが、質問数が極端に多いわけではない。書くのに苦労したという学生が目立つ。だが悪い印象を持ったわけではないようだ。「書くのは大変だったが、その分、学生のことを知ろうとしてくれている姿勢を感じた」(文系・中堅私立大)という声でわかるように、「学生を理解しようとしている」という姿勢を感じとった学生が多かったようだ

この種の調査では、文系・理系で異なる企業が挙げられることが多いが、「印象に残るエントリーシート」では、上位20社のうち、文理で共通している企業がほぼ半数の9社もあった。文系学生、理系学生の両方を驚かせた、9社のエントリーシートを紹介しよう。

旭化成は3つ以上のワードを選んで作文

理系1位、文系でも2位となったのが、旭化成である。選んだ理由として、「独自の設問。指定のキーワードを使った自由作文」(理系・上位国公立大)、「語群の中から複数個選び、好きな文章を書きなさいという設問があり、何を求められているのか難しかったが、自由に思いつくままに書くことができて面白かった」(文系・旧帝大クラス)という意見が並ぶ。では、どんな課題だったのか?

■旭化成のエントリーシート課題
「右の9つのワードのうち3つ以上のワードを用いて、自由に文章を作成してください。物語、詩、自分の考えなどどんな内容、表現方法でも結構です。(全角200字以内)<科学・熱・創造・結束・C・原理原則・大気・宿命・いぬ>」

課題が知的に謎めいていておしゃれ。センスのある学生に好かれそうだ。

資生堂は、文系で3位、理系では13位タイ、となっている。印象に残った理由は「記入事項が多かったため」(理系・上位国公立大)」。そのなかでも、「資生堂の新しい社名を考えて下さいという設問」(文系・早慶クラス)が印象的だったようだ。以下が課題の原文である。

■資生堂のエントリーシート課題
「145年続いてきた資生堂の社名を変更する、重要なミッションをあなたにお願いします。新しい社名と、未来の社員にも語り継がれるようにその理由も説明してください。(1)社名 日本語50文字以下 (2)理由 日本語500文字以下」

「質問がユニーク」「内容が濃かった」という肯定的な声もあるが、一方で否定的な意見もある。「資生堂の新しい企業名を考えよという質問は、いったい何を評価しているのか分からなかった」(文系・早慶クラス)、「資生堂の社名を考えるという項目があり、書く気が無くなった」(文系・旧帝大クラス)。志望度の低い学生を振るい落とすのには効果があったようだが、逆に「志望度が低くても優秀な学生については、口説き落としてでも採用したい」と考えるのであれば、そうした学生とは会えなくなるリスクもある。

サントリーホールディングスは、文系4位、理系5位。とても大胆なエントリーシートで、「白紙に自由に自分を表現するという形式」(理系・旧帝大クラス)に驚いた学生が多い。「苦戦した」という学生もいるが、「ほぼ白紙に近いエントリーシートで、自由に表現することができた」(文系・早慶クラス)、「自由度が高く、書いていて楽しかった」(文系・旧帝大クラス)と、おおむね好意的に受け止められている。

伊藤忠商事は、文系6位、理系16位。エントリーシートの特徴は、動画の提出および質問に対する、回答欄の短さだ。「簡単で短い質問しかなく、人間性が見られていると感じた」(文系・上位私立大)と学生は感じたようだ。実際の質問を紹介しておこう。

■伊藤忠商事のエントリーシート課題
「困難に直面したとき、どのように克服しますか。30文字以下」
「あなたの思うリーダーシップとは何ですか。30文字以下」
「ストレスを感じるのはどのような時ですか。30文字以下」
「今までの人生で最大の決断は何ですか。30文字以下」
「あなたの人生の夢を教えてください。30文字以下」

1つの文章で30文字以下となると、うまく書くのは難しい。挑発的だが、それが狙いでもあるのだろう。当然のことながら反発する学生もおり、「変わっていた。何を見ているのかわからず、理不尽に思った」(文系・早慶クラス)という学生もいる。「項目が多すぎ、面倒すぎて書くのをやめた」(理系・旧帝大クラス)という学生もいる。

JALは学歴を聞かず、カゴメは持ち歌を聞く?


上のロゴをクリックするとHRプロのサイトへジャンプします

反対に「設問が多くそれぞれ30字以下で簡潔に書くことを求められたため。志望動機や強みの一貫性が問われる良い設問であると感じた」(文系・旧帝大クラス)と評価する学生もいる。

この課題に限らないが、難題を高く評価する学生は上位校に多い。

カゴメは文系6位、理系では3位となっている。手書きのエントリーシートで、次のような質問が印象深かったようだ。

■カゴメのエントリーシート課題
「カラオケの持ち歌」
「あなたは、どのような人ですか? 自由に表現してください!(具体的な経験やエピソードも交えて)」

好意的なコメントが多く、「カラオケでよく歌う曲の欄があったのがおもしろいと思った」(文系・中堅私立大)、「自分を試されるようなレベルの高いエントリーシートだった」(文系・早慶クラス)という声がある。その一方で「難しすぎて書けなかった」(文系・上位私立大)という学生もいた。ちなみに、選考に落ちた学生にもフォローをしており、「エントリーシート提出後、落選した就活生に自社製品を送っていた」(文系・中堅私立大)という。

日本航空(JAL)は文系8位、理系8位。特徴はいくつかあり、まず「エントリーシートに学歴を書かないこと」(文系・上位私立大)だ。出身高校名と卒業年月日を聞いたうえで別項目として、「学歴に関して上記以外に特記事項(留学・編入学・博士課程学歴など)があれば記入してください」と、エントリーシートには書いてある。

学歴などの形式ではなく、人物本位で測ろうとする姿勢に共感する学生は多く、「志望動機を書かない点、その人の内面を深く見ようとする設問が印象的でした」(文系・中堅私立大)や、「JALのエントリーシートを書いたことで就活の軸が明確になり、他のエントリーシートにも生かすことができた」(理系・上位国公立大)という声があがっている。

花王は文系8位、理系2位。質問数と書かねばならない文字量に、驚いた学生が多いが、評価は高かった。

「最も質問内容が深く、その数も多かった。エントリーシートを通して学生の本質を見抜こうとしている印象を受けた」(理系・旧帝大クラス)、「問題数が多く、学生を知ろうとしていることが伝わった」(文系・早慶クラス)。全問に回答する必要はなく、「説明会の際に、特に書く必要がないと思う項目は空欄でも構わないという話があり、実際に空欄でもエントリーシートが通過した」(理系・旧帝大クラス)という学生もいる。当たり前のことだが、空欄にすれば通過する、というものではない。

ホンダは4000字近くも書かせる”熱さ”


アサヒ飲料は文系10位、理系13位。印象が強い理由は、とまどって書くのに苦労したからだ。「志望動機を聞かれなかった」(理系・上位国公立大)、「自由度が高いエントリーシートだった」(理系・旧帝大クラス)、「質問内容が個性的だった」(理系・その他私立大学)と、いろんな言葉で感想を書いている。「あなたが世界で一番だと思うこと」という質問があるが、まともに答えようとすると難しいのだろう。

本田技研工業(ホンダ)は文系17位、理系8位。印象的な理由は、次の学生の感想に尽きている。

「長い。熱い。長さ3750文字で、設問は『あなたが叶えたい夢はなんですか』『その根底にある思いは何ですか』『Hondaに伝えきれない思いをどうぞ!』などなど。項目は1つあたり500文字近くあり、今までで一番準備するのが大変なエントリーシートだった」(文系・早慶クラス)。

企業のエントリーシートの課題と学生のコメントを照らし合わせて感じるのは、学生が文章を書くことに慣れていないことだ。学生も大変だが、そのエントリーシートを読んで選考するのも、大きな負荷になっているようである。

そもそも人間の資質を正しく見抜くのは難しい。「採るべき学生を落としていないか」という不安は採用につきものだ。

今後、そういう人事の悩みを解決してくれるかもしれないのが、「AI選考」。ソフトバンクが2018年卒採用で人工知能「IBM Watson」を導入、エントリーシートの合否判断のひとつに使い、作業時間を約75%も削減したという。効率化だけでなく、資質判定でも、人間を上回っているかもしれない。人事領域への導入は広がっており、エントリーシートだけでなく、就活のプロセスにも、なんらかの変化が生じる可能性があろう。