つい先日スーパーカブが生まれ変わった!と編集部に速報が届きました。しかし、正直スーパーカブってどうしても新聞配達な感じが抜けなくておしゃれに乗るには結構気を使わないといけないもんだとナメていたんです…。

でも結構変わったらしい…じゃあ乗ってみるか、と試乗会に行ってみたんですが、正直びっくりするほどおしゃれなバイクになっていました。

これが生まれ変わったスーパーカブ50。まずこの元気いっぱいのカラーからして驚きじゃないですか!?

カブって言ったら深緑とか紺とか渋めの色しか無いイメージだったんですが、今回は若い人もカブ見て!ということでおしゃれカラーが増えたんです!

超絶可愛らしいこのカラーは、陽に当たると更に映えるんです。日光が大好きな自然児的な?

しかも細かい部分の作り込みが凄くしっかりしてる。スクーターとかの綺麗な流線とはまた違って何から何まで可愛らしいフォルムなんです。

メーターもシンプルだけど最新型っぽくはなく、レトロな味を残した雰囲気。絶妙なおもちゃ感もいい。2017年式のバイクには見えませんよね?

バイクって見た目だけでも「人間だったら大体こんな感じのヤツだろうなぁ」って想像しますが、今回のスーパーカブは絶対元気な子供!←ちょっとマニアック?

ジジ臭さ、とか一切せず、若い人でも乗ってておしゃれに見えるから不思議なんです。

今回のカブはエンジンも変わり、低速が良くなったとか。しかしメーカーが言う「変わった」って正直バイクマニアじゃなきゃわかりません。

最初に試乗したユウジは免許取りたてだし、エンジンの違いなんてほぼ知らず…。そんな彼が乗ってもカブは元気に走ってくれました!

アイドリング付近の低回転から上の回転までしっかり回るこのエンジンはギアチェンジしていく楽しさがズバ抜けてます! 特に尖ったパワーがあるわけでもないし、高回転じゃないと走らないエンジンでもない。

だからこそトコトコ走ってギアチェンジ、って乗り方が楽しく感じるんです。

決して速くはありません。ハンドリングも良いですがそれだけで楽しめるってわけでもありません。ただ全体で見た時のトータルバランスは完璧。

だからこそ、速いとかいう次元じゃなく、シンプルに乗って楽しいと思えるバイクなんです。発売日は2017年11月10日(金)から。

完全にナメきった状態で乗ったにも関わらず、強烈に感動したバイクでした。一言で例えるなら「乗っている、というより一緒に走ってる」って感じ。バイク=相棒って言葉が普通のバイク以上に似合うと思います。

しかもこれで燃費がいいって。街中の足にはピッタリ過ぎるほど可愛らしさと楽しさがあるバイクでした!

(ライター:佐藤 快/Moto Be バイクの遊び方を提案するWEBマガジン)

【関連記事】


【ライダーの疑問】すり抜けってどうなの?警察官に聞いてみた


【夜ツーのススメ】夜の空港はブラッとツーリングに最適なスポットだった


【ROCK】音楽好きにはたまらない!ギターペイントのヘルメットがかっこ良すぎる!


ケツ痛解消できんの?ライダークッション「ワイルドアス」を500kmツーリングで使ってみた結果

まるで「小さな怪獣」。ホンダ スーパーカブ50って、こんなおしゃれで楽しかったっけ!?(http://clicccar.com/2017/11/16/530811/)