ブラジル戦で100キャップを記録した長友 photo/Getty Images

写真拡大

インテルに所属する日本代表DF長友佑都やヘントに所属する同代表FW久保裕也らが、今月5日から14日にかけて行われた欧州遠征を振り返った。

10日に行われたブラジル戦では、ネイマールのPK弾で先制点を許すと、前半だけ3失点。後半の失点は「0」に抑え、槙野智章のヘディング弾で一矢報いたが、1-3のスコア以上の力の差を見せつけられた。そして続く14日のベルギー戦では、ブラジル戦とは違い素晴らしい試合への入り方を見せ奮闘したが、相手ゴールを脅かすまでには至らず。終盤に失点し、0-1で敗れた。

欧州遠征を2連敗で終え、多くの課題が見つかった日本。この2試合にフル出場を果たし、ブラジル戦で代表通算100キャップを記録した長友も、15日に更新した自身のTwitterへ「応戦ありがとうございました! 強豪との2試合で、チーム、個人の課題が見えました」と綴った。そして「この経験を次に繋げるために、日々努力します。次の代表に選ばれるように、インテルでしっかり結果を残したいと思います」と意気込みを語っている。

今後の活躍が期待される久保も「ブラジル戦、ベルギー戦、この2試合ですごい差を痛感しました!」と明かした上で「これから更に成長してまた代表に呼ばれるように頑張ります!!」と。ブラジル戦でネイマールとマッチアップしたマルセイユDF酒井宏樹も「タフな試合だった」と振り返りつつ「素晴らしいアタッカーたちと対戦することができ、改めて日本ではなくヨーロッパで試合する大事さと貴重さを実感しました」と綴った。

はたして、日本代表の選手たちは各々のクラブでさらなる成長を遂げ、ロシアW杯で飛躍を遂げることができるのか。