肌の透明感がない?体にたまった 毒素を排出するポーズ

写真拡大

女子力アップは毒素排泄から

皮膚は体の中で一番大きな臓器。でも、外気にさらされているため環境に左右されやすく、ちょっとしたストレスで血流がおろそかになり、お肌が荒れやすいのです。また、緊張状態になると毛穴が閉じてしまい、新陳代謝の妨げになり、毒素をためやすい状態になってしまいます。

実は、現代の交感神経優位に偏りがちな暮らしでは、皮膚はキュッとしまりやすく、常に毒素を抱えているようなもの。ヨガをすると、硬くなっていた心と体を緩め、皮膚のこわばりを取っていくことができます。適度に汗をかくことができるので、無理なく毛穴が開き、ためていた毒素を吐き出すことができるようになります。

デトックスしやすい2つのポーズ

◇腹圧で内臓を刺激し、働きを活性化する【船のポーズ】

1:息を吸いながら両ヒザを立てて、両脚の親指を、人さし指と中指で外側からそれぞれ持つ。目線はまっすぐ正面を向きます。

2:息を吐きながら足を少しずつ伸ばしていき、45〜60度くらいまで上げる。数回呼吸をしたら、吐きながらゆっくりと体を戻す。

◇体の内側を緩めて解放する【太鼓橋のポーズ】

1:仰向けになり、両ヒザを立てる。両手の5本の指をそろえて足首を外側からしっかり持ったら、肩の力を抜いてひと息吐く。

2:息を吸いながら肛門を締めて、ヘソが引き上げられるようにイメージして腰を上げる。その姿勢で静止して数回呼吸。吐きながら元に戻る。

その日の毒素はその日のうちに排出して、また明日から元気に過ごしたいですね!

 

ライター:幸雅子
出典:『ヨガのポーズが丸ごとわかる本』/「女子力を磨いてビューティーアップ」