藤田菜七子騎手がレモンパネルを持ってニッコリ! 独占インタビュー/撮影=高橋敬大

写真拡大

厳しい体重管理が求められるJRA騎手たちの食生活に迫る番組「キシュメシ!」(読売テレビ)。11月17日(金)の放送では、ことし10月21日にJRA女性騎手の年間最多勝利記録を更新した藤田菜七子騎手が登場する。

【写真を見る】レースでの勝負師の顔からおしゃれ女子に変身!/撮影=高橋敬大

デビュー2年目の彼女が普段食べているお気に入りのメニューとは? プロのアスリートとして「食べることもトレーニング」と語る“菜七子流”の食事のこだわりを紹介!

また、番組とは別にWEB上で視聴できるスピンオフのコンテンツとして「秋冬のおすすめコーデ」が楽しめるファッション企画も配信されるとのことなので、競馬場では見られない(?)藤田菜七子騎手の姿も明らかになりそうだ。

そんな彼女に収録後インタビューを行い、お気に入りの食事についてや年末への意気込みなどを聞いた。

――「キシュメシ!」の収録はいかがでしたか?

競馬番組ではない番組に出る機会はあまりないので、すごく緊張しました。

いろいろなセットがあったり、場所を変えて撮影したり、新鮮なことばかりで楽しかったです。食べ物について、たくさん学ぶことができて勉強になりました。

――番組で紹介したメニューは、デビュー当時から食べていたんですか?

デビューした頃は特に意識していませんでした。でも、最近は同じメニューを選ぶことが多いですね。いつも、調整ルームで食べています。

――炭水化物を選んでいるのは、“腹持ち”がいいからでしょうか?

そういう効果については全然知らなかったです。今回、勉強させていただいて、言われてみたら確かにそんな気がするなと思いました。

普段、他のジョッキーの方たちが何を食べているのか。参考になるかもしれないので聞いてみたいです。

――レースの間隔が空いている時に、何か食べたりすることもあるんですか?

人それぞれですし、空いている間隔によって変わってきますけど、私の場合は結構空いている時以外は何も食べません。何かおなかに入れるとしても飲むゼリーぐらい。食べないことの方が多いです。その分、水分はしっかり取っています!

――レースが終わった後に食べたくなるものは?

特に「これ!」というものはないですけど、やっぱりおなかが空くので…。私は体重を気にしなくても大丈夫ということもあって、食べたいものを食べています。

好きな食べ物はお肉! 焼き肉がいいですね。カルビをよく食べています。

――体重を気にしなくてもいいということは、減量も苦にならない?

今のところないです。どちらかというと、パワーをつけないといけなくて。そういう意味では、たくさん食べることを心掛けています。

――食べることもトレーニングということですね?

効率良く鍛えるためには、必要な栄養素が不足していると駄目なんです。何が大切なのか、周りの人たちから効果的な摂取の仕方などを教えてもらっています。

たくさん食べることが大事と言っても、私は食が細くて。食べる量が多い方ではないんです。

今回、番組で教わったことを参考にしながら、ジョッキーとしてもっと食生活に気を使っていきたいと思います。

――デビュー2年目のことしは、JRA女性騎手の年間最多勝利を更新しましたけど、ここまでを振り返ってみてご自身ではどう思っていますか?

去年よりは、周りを見て乗れるようになってきたのかなと思っています。少しは成長したかなと。

でも、まだまだ足りないところはたくさんありますし、勝ち星の数ももっとやれたんじゃないかと反省する点が多いです。

――好きなコース条件はありますか?

走るのは馬なので何とも言えないですけど、新潟の芝直線1000mは(JRA女性騎手年間最多勝利)記録を更新した時と同じ条件ですし、これまでも何度か勝たせてもらっているので好きなコースです。

――なるほど。そういえば、今回番組で洋服をコーディネートしてもらったそうですね。

そうなんです! 袖の部分がモコモコしていて、すごくかわいい。触り心地がいいので、ずっと触っていたかった(笑)。すてきな服を着ることができて本当にうれしいです。

――その服を着て、どこに行きたいですか?

う〜ん、どこがいいかなぁ。せっかくなので、おしゃれな感じのランチに行きたいです!(笑)

――ことしも残すところ、あと1カ月ちょっと。年末に向けて意気込みをお願いします。

2017年も残り少ないので、次の1勝を目標に1つ1つ積み重ねていけるよう頑張りたいと思います。

ぜひ、たくさん競馬場に足を運んでいただいて、競馬を見ていただけたらうれしいです。よろしくお願いします!(ザテレビジョン・取材・文=月山武桜)