多くのスマートフォンが採用している指紋認証や、iPhone Xが搭載する顔認証よりも精度が高いと、米ニューヨーク州立大学アルバニー校の研究者が主張するのが、「汗」による認証です。

汗も個人固有の特徴を持つ

同大学化学学部のジャン・ハラメク准教授が、スマートフォンやスマートウォッチなどのウェアラブル端末をロック解除するまったく新たな生体認証方法を、物理化学の専門誌「ChemPhysChem」で発表しました。
 
准教授は、皮膚からの分泌物、すなわち「汗」を構成するアミノ酸が、指紋などと同じように個人固有の特徴を持つことに着目。この情報を携帯端末に保管し、端末をロック解除する場合などの認証時に使用する「汗認証」を提案しています。

最初に汗情報を測定、収集する

汗認証を行うには、まず1日のうちの異なる時間帯で複数回、ユーザーの汗の状態を測定する必要があります。たとえば夜勤のある人と日勤の人とでは、朝方2時の汗の量にはかなりの差があるはずです。また年齢や性別、人種、身体的特徴、職業などによっても、汗の量や成分比は異なります。
 
汗情報を収集し保管したら、スマートフォンであれば手に握る、スマートウォッチなら腕などに着用するだけで、認証が可能になるとのことです。

多くのユーザーが簡単に使える汗認証

ハラメク准教授は、汗認証は精度が高いだけでなく、指紋認証や顔認証を行うことが困難な、障がいを持つユーザーにも使いやすい、と主張します。
 
ハラメク准教授は現在主流の認証システムについて、
 

パスワードとピン番号は簡単に盗み見されるし、指紋の型を取ってデバイスをロック解除する方法はネット上でいくらでも見つけることができる。顔認証についても、うまく機能しなかった例がいくつも報告されている。

と語っています。
 
研究所での実験では、汗認証は問題なく機能したとのことです。
 
 
Source:University at Albany via Express
Photo:Pixabay
(lunatic)