BMWのミドルクラス・クロスオーバーSUV『X5』次期型の最新プロトタイプが、米サウスカロライナ州「スパータンバーグ工場」から軽偽装で出てきた所をカメラが捉えました。

これまでのヘビーカモフラージュから一転した軽偽装からは、迫力あるフロントマスク新デザインが見えてきました。『X2』に似た新ヘッドライトには、BMW最新の六角ヘキサゴンLEDが光り、上下に伸びた大型キドニーグリル、分割されていなワイドエアインテークやコンパクトになったテールライトも確認できます。

さらに、スポーティなツートンホイール、ブルー・ブレーキキャリパー、大径ツインエキゾーストパイプなどから、この開発車両が「Mパフォーマンス」モデルであることも伺えます。

次期型では、新型『5シリーズ』、『7シリーズ』から流用される「CLAR」(クラスタアーキテクチャ)を採用し、剛性をアップ。250kgから300kgもの軽量化を図るとも予想されており、実現すればかなりのパフォーマンス向上となるはずです。

パワートレインは、最高出力251ps、最大トルク350Nmを発揮する2リットル直列4気筒ツインターボエンジン、最高出力335ps、最大トルク450Nmを発揮する3リットル直列6気筒ツインターボエンジンや、ハイブリッドをラインナップ。頂点には、最高出力600ps、最大トルク800Nm以上を発揮する4.4リットルV型8気筒ツインターボエンジン搭載の『X5 M』が君臨します。

ワールドプレミアは、2018年9月が有力です。

(APOLLO)

ダイナミックマスク見えた!BMW X5次期型、軽偽装で工場から発進!(http://clicccar.com/2017/11/16/531973/)