攻守両面で課題が出た日本の戦いぶり。ベルギー戦も0-1ながら明確な差があった。写真:茂木あきら(サッカーダイジェスト写真部)

写真拡大 (全2枚)

 欧州遠征の第2戦、ベルギー戦は結果こそ0-1の惜敗で、「善戦」という言い方もできるけど、内容的に差があったのは事実で、そこに目を向けないわけにはいかないだろう。
 
 まずはディフェンスだ。FIFAランクで5位のベルギーを相手に最少失点に抑えたんだから、評価すべきだという声もあるかもしれないが、その失点の仕方がまずかった。密集地帯をドリブルでスイスイ突破されて、最後は高さのあるルカクに注文通りのヘディングシュートを決められた。このシーンで日本の選手たちは、突破を仕掛けたシャドリをあまりにも自由にさせ過ぎていた。
 
 日本は立ち上がり、ブラジル戦と同様に相手のシステムにうまくはめ込む形で、激しいプレッシングを仕掛けた。それがハマった時には高い位置でボールを奪って、そのまま相手ゴールに向かうという攻撃もできていた。つまり、前線から「奪いに行く」守備はまずまずできていた。
 
 一方で問題なのは、自陣に押し込まれた時の対応だ。「奪いに行く」守備と違って、簡単に飛び込んでかわされるわけにもいかないから、しっかりと身体を寄せて、「前を向かせない、遅らせる」ことが必要になる。日本はこの守備がきっちりとできずに隙を作ってしまった。失点シーンは、それを象徴するものだった。
 
「奪いに行く」守備というのは、読みの鋭さや俊敏な動きが要求される。これは日本の選手も得意とするところだけど、逆に「前を向かせない、遅らせる」といった守備は素早い寄せと同時に、しっかりと身体をぶつけていくというフィジカル的な要素も求められる。これがやはり日本の選手が苦手とするところだ。
 
 もちろん、フィジカルの差はもともとの体格差もあるし、簡単に埋まらないことは分かっているが、3、4人の選手がしっかり揃っているところをあっさり抜けられてしまうのは、それ以前の問題でもあるだろう。個のぶつかり合いや高さで不利を強いられるのであれば、やはり個々が局面できっちりと戦うとともに、組織でも粘り強く対応していかなければならない。このふたつが揃って、良い守備ができるんだ。
 
 もう、何十年とずっと言われ続けてきた当たり前のことだけど、この状況が変わることはないんだから「鉄則」を緩めてはいけないよ。
 
 ベルギーとの差は当然ながら攻撃面にもあった。もちろん、欧州遠征を通じて、槙野の1点に終わったわけだから、攻撃陣の決定力不足は批判の槍玉に挙げられても仕方はない。
 
 ただ、決定力がないと言っても決定的なチャンスそのものが少なかったわけで、これを生み出す術を高めなくてはいけない。それこそ、高い位置でボールを奪った勢いで、前線にタイミングよくパスを供給できた時はチャンスになりそうな雰囲気もあったけど、日本の選手は簡単にボールを取られ過ぎだ。
 
 とりわけ、浅野は何度も相手の背後を突こうと試みていたけど、相手をいなすとか、かわすという点での技術が足りない。乾のような足技を使えというわけじゃない。もう少し相手が懐に入りにくいような身体の向きや使い方を考えたら、もっと脅威のある選手になるだろうし、日本の攻撃の幅もぐっと広がるはずだ。なんと言っても彼には、スピードという絶対の武器があるわけだからね。
 
 もうひとつ言いたいのは、交代選手の活かし方だ。せっかく攻撃的な選手が入って、試合展開や攻撃になんらかのアクセントが加わるのかと思っていたら、日本には新しく入ってきた選手をうまく使おうという意図が感じられなかったんだ。
 
 例えば後半途中、最前線は大迫から杉本に変わったけど、彼の高さを活かそうというクロスはほとんどなかったね。仮に杉本にピッタリ合わなくても、セカンドボールを拾って二次攻撃につなげたり、そのままミドルを狙ったりと攻めの幅を広げることは可能だ。
 
 日本の攻撃にはそういう味方の個性をシンプルに活かそうという狙いがないし、試合運びにもプランが感じられない。交代選手にまったく同じことをさせても、攻撃に変化はつかないんだ。敵の守備だって慌てないよ。
 
 ひとりはチームのために、チームはひとりのためにと言うけど、これは団体スポーツに共通して言えること。もっと一人ひとりの特長をどう利用するのかを考えてプレーすべきだと思うね。