本日11月16日はボジョレーヌーヴォーの解禁日!
お店には大きくポスターが貼ってあったり、SNSでは解禁を祝う人の姿を見かけるが、そもそもボジョレーヌーヴォーとはどんなワインか、正確に理解している人はどれくらいいるのだろうか?

知っておけば、きっと更に楽しく飲めるはず。ワインジャーナリストの柳 忠之さんに、基本の「き」から聞いてみた!



Q.それでは早速。
ボジョレーヌーヴォーって何がすごいの?

――そわそわ、そわそわ。

柳「モリリン(注・編集担当の守屋)、今日はやけに落ち着かないね。」

――だって柳さん、今日はヌーヴォーの解禁日じゃないですか。私、学生の頃からヌーヴォーと聞いただけでワクワクなんですよ。

柳「それは筋金入りだ。でもなんでヌーヴォーにワクワクなわけ?」

――TVで騒いでるのに乗り遅れたくないじゃないですか。それ以来、毎年解禁日にヌーヴォー飲んでます。

柳「ガクッ。ただのブームに振り回されただけ? そもそもヌーヴォーが何かはわかってるよね?」

――私が知ってるはずないじゃないですか〜(大いばり)。




ボジョレー・ヌーヴォーは、ボジョレーの新酒


柳「よし、それでは教えてしんぜよう。ヌーヴォー、ヌーヴォーと言ってるけど、正しくはボジョレー・ヌーヴォー。ブルゴーニュ地方南部のボジョレー地区で造られるヌーヴォー、すなわち新酒を指す。

クーパーがミニという車種のいちグレードに過ぎないように、ヌーヴォーがボジョレーのすべてではない。新酒ではないボジョレーもじつはある。」

――全然知らずに飲んでました。それでボジョレー・ヌーヴォーがこんなに騒がれるようになったワケは?

柳「もとはその年の収穫を寿ぐため、地元でできたてのワインを飲む習慣から始まった。ボジョレーの原料品種であるガメイは、炭酸ガス浸漬法という醸造技術を用いると、フルーティで若いうちから美味しく飲めるワインに仕上がるんだ。

それがボジョレーと目と鼻の先の大都市リヨンで楽しまれるようになり、やがて花の都パリにも飛び火した。」

――ところで、ボジョレー・ヌーヴォーには解禁日がありますよね?

柳「よくぞ聞いてくださいました。ボジョレー・ヌーヴォーの人気が高まるにつれ、我先にと出荷を急ぐ造り手や商人が出てくる。ところが急ぐあまり、発酵が完全に終わっていないワインが市中に出回るようになってしまった。

それで粗悪品の流通を防ぐため、解禁日を設けることにしたわけさ。最初の解禁日は1951年に定められた12月15日。その後たびたび変更があり、今のように11月の第三木曜日になったのは1985年だ。」


ボジョレー・ヌーヴォーの全生産量の半分が日本に輸入されている?!


――当然、世界中の国々で日本みたいにボジョレー・ヌーヴォーの解禁を盛大にお祝いしてるんでしょう?

柳「それがちょっと違うんだな。じつはボジョレー・ヌーヴォーの全生産量の半分が日本に輸入されている。」

――えっ、半分も!

柳「日本で最初にボジョレー・ヌーヴォーの大ブームが起きたのは、バブル真っ只中の1988年。日付変更線の関係から日本が本国フランスよりも先にボジョレー・ヌーヴォーの飲める国だったし、初がつおや初なすなど初物好きという国民性も手伝って俄かにブームが起きた。」

――わかります。私も初ポルチーニとか初モンドールとか目がないので。

柳「いいもの食べてるね、モリリン。それはともかく、当時、専門誌の駆け出し記者だった僕は、成田空港の保税倉庫まで取材に行った。

そこではパートのおばちゃんが「Par Avion」(航空便)と書かれたエールフランスのステッカーをボトルにせっせと貼ってたな。一番ステータスが高かったのはエアフラで、二番目がJALカーゴだった。」

――たしかにLCCのステッカーが貼られたボジョレー・ヌーヴォーだとちょっと興ざめかも。




今年のヌーヴォーは量は少なめ、品質は抜群

柳「その頃はまだピーチとか存在してないけどね。

今は解禁日の0時以前に抜栓さえしなければよいことになってるけど、当時は保税倉庫を出るのが解禁日の0時以降と決められていたから、ボジョレー・ヌーヴォーを積んだトラックが保税倉庫のゲート前に集まり、ラジオの時報が0時を打つと同時に飛び出していった。

中には世界一早くボジョレー・ヌーヴォーを飲むため、成田に集まる強者もいたくらい。懐かしいなあ。」

――いかにもバブリーな話ですね。ところで今年のできはいかが?

柳「春の遅霜や夏の雹害で量は少ないけれど、地元では偉大とされる2009年や2015年に匹敵、あるいはそれ以上と噂する人もいる。」

――きゃ〜、気になって解禁日まで仕事が手につきませ〜ん。

柳「編集長がまたにらんでるよ。」



家で飲むなら、こんな1本がおすすめ!
「ボジョレー ヌーヴォー ジョルジュ デュブッフ」

ボジョレー ヌーヴォーの立役者でボジョレーの帝王と呼ばれる、ジョルジュデュブッフのヌーヴォーはテッパン中のテッパン。巧妙なアッサンブラージュによって、毎年、バランスのとれたボジョレー ヌーヴォーが造られる。今年はとくに期待大。

オープン価格/サントリー TEL:0120-139-380




教えてくれたのは、柳 忠之さん

■プロフィール
世界中のワイン産地を東奔西走する、フリーのワインジャーナリスト。迷えるビギナーの質問に、ワインの達人が親身になって答える




本日発売の月刊誌「東京カレンダー12月号」は一冊丸ごと、渋谷特集!

大人が再び「渋谷」に行きたくなる情報だけ掲載!


渋谷は若者だけの街じゃない!大人が本当に使える渋谷の情報は最新号「東京カレンダー12月号」に!

恵比寿、表参道には行くけど、最近、渋谷に行っていない、そんな大人に捧げる保存版・渋谷パーフェクトバイブルだ!

【月刊誌のお求めは・・・】
・最新号をすぐに手に入れたい方はこちらからお求めください!
・大好評!「定期購読プラン」がとにかくオススメ!
雑誌とデジタル版の両方が楽しめて、なんと最大半額!!あなたも、定期購読で『東京コンプリート』を目指そう!

※リンクはFujisan.co.jpに移動します。
※東京カレンダーは毎月21日頃の発売です。今月は10/21(土)!