新田真剣佑、山賢人の恋のライバル“完璧真摯な御曹司”役に

写真拡大

俳優の山賢人が主演を務める1月クールの連続ドラマ『トドメの接吻(キス)』(日本テレビ系、毎週日曜)に、新田真剣佑の出演が決定。山演じる堂島旺太郎の恋敵で“完璧真摯な御曹司”の並樹尊氏を演じることがわかった。

本作は、謎の女に“死の接吻”で殺される度にタイムリープをするNo.1ホストが、殺される理由や女の正体を追っていく“邪道ラブストーリー”。ホストとして女性を手玉にとるクズ男・旺太郎は、12年前のある事件をきっかけに、人を愛さなくなり、成り上がることだけを追っている孤高の男。とある社長令嬢をターゲットにした旺太郎の前に、ある女(門脇麦)が現れて“死の接吻”をする。すると旺太郎は、呼吸困難、身体痙攣、異常な動悸を覚えて死んでしまうが、次の瞬間、見覚えのある7日前の景色の中で意識を取り戻す。繰り返される出来事、場面、会話から「もしや、俺は同じ時間を繰り返している?」と気付くのだった……。

これまで、毎週木曜に「キスリレー」形式で1人ずつキャストが明かされてきた本作。今回発表された新田が演じるのは、日本企業トップのホテル王・並樹グループの御曹司であり、旺太郎が狙う社長令嬢の兄・尊氏。新田は「日本のトップ企業の御曹司、そしてこの物語の鍵を握る人物、並樹尊氏を早く皆さんにお届けしたい気持ちでいっぱいです。オリジナルストーリーならではの面白さが存分に詰まった作品になっていくと思います。楽しみにしていてください」とコメントを寄せた。

旺太郎が人生で最も理想とするカネと権力を持った“セレブな社長令嬢”並樹美尊役を誰が演じるのかは、次週11月23日に発表される予定。