中国の革新型科学技術企業・小米は今年第3四半期(7〜9月)にインドで、携帯電話920万台を出荷し、市場シェアが23.5%となって、インド市場における携帯電話のトップブランドになった。

写真拡大

インターネットデータセンター(IDC)がこのほど発表した最新のデータによると、中国の革新型科学技術企業・小米(シャオミ)は今年第3四半期(7〜9月)にインドで携帯電話920万台を出荷し、市場シェアが23.5%となって、インド市場における携帯電話のトップブランドになった。新華社が伝えた。

小米のスマートフォン「紅米Note4」は同期の出荷量が400万台に達して、前期に続いてトップに立ち、「紅米4」と「紅米4A」の2機種もインドのスマートフォン売上上位5位に入った。

小米の打ち出す小売店「小米之家」のバンガロール店の責任者・謝子陽さんはさきに、「『小米之家』はオフラインでインド市場を開拓するための新たな取り組みで、インドのたくさんの消費者から小米製品に寄せられた熱意に応えるものだ」と述べた。小米は来年にインドで「小米之家」を100カ所オープンする予定で、より多くのインドの消費者に小米の製品に実際に触れる機会を提供していきたいとしている。

小米は2014年にインド市場に進出し、16年は売上高が10億ドル(約1132億円)に達した。

IDCのデータによると、小米の世界市場シェアは昨年第3四半期の3.7%から、今年同期は7.4%に上昇し、強い上昇傾向が続いていることがわかる。(提供/人民網日本語版・編集/KS)