ラキティッチにバルサ退団の可能性…結果的にコウチーニョとのトレードに?!

写真拡大

▽バルセロナのクロアチア代表イバン・ラキティッチ(29)にクラブを離れる可能性があるようだ。イギリス『デイリー・メール』が伝えている。

▽バルセロナは長らく、リバプールのブラジル代表MFフィリペ・コウチーニョ(25)の獲得を目指してきた。最近では、冬の移籍市場でついにコウチーニョ獲得が実現するのではないかと専ら話題になっている。

▽そんな中、『デイリー・メール』は、バルセロナがコウチーニョ獲得を成功させた場合、ポジションの被るラキティッチが退団を決意するのではないかと指摘。さらにその場合、移籍先がリバプールになるのではないかとも推測している。

▽ラキティッチは2014年にセビージャから2000万ユーロ(現在のレートで約27億円)前後の移籍金で加入。加入後はすぐにレギュラーの座を勝ち取ると、最近では円熟味の増したプレーで、今季から指揮を執るエルネスト・バルベルデ監督にとっても欠かせない選手となっている。