14日、このほど韓国のインターネット掲示板に「CUのいなりずしのごまかし」と題したスレッドが立ち、ネットユーザーからも憤慨コメントが続出している。資料写真。

写真拡大

2017年11月14日、このほど韓国のインターネット掲示板に「CUのいなりずしのごまかし」と題したスレッドが立ち、ネットユーザーからも憤慨コメントが続出している。

スレッド主が写真付きで紹介しているのは、韓国のコンビニエンスストアCUで販売されている5個入りのいなりずしパック。透明のふたに貼られたシールにはエビのイラストが描かれ、商品名にも「エビ」の字が入っている。油揚げからご飯が見えるよう置かれたいなりずしの上にマヨネーズのようなソースとエビがトッピングされているのだが、ふたを開けてびっくり。

ふたのシール部分で隠れていた2個にはエビが載っていないのだ。これにはスレッド主も「5個中3個だけエビのトッピング。3個だけエビが入っていると小さく書いてはあるけど(よく見ると、エビのイラスト上部に『×3』と書かれている)」とかなりいら立っている様子。

ネット上では「だまされた」と告白する人もおり、「これは詐欺だ」「ちょっと高くしてもいいから、だますようなまねはしないでほしい。気分悪い」「消費者をばかにするのも大概にしろ」など憤慨コメントが続出しており、中には「食べようか悩んでたけど、買わなくてよかった」と安堵(あんど)するユーザーも。

一方で、「でも一応『3個』と書いてはくれてるんだね。大分成長したようだ」と皮肉めいたコメントや、日本のコンビニと比較して「韓国企業はどうしてこうなの?イメージがどれだけ重要か分かってる?日本のコンビニは最高」との声も上がった。(翻訳・編集/松村)