2018年のiPad Proには、7nmプロセスで製造される8コアの「A11X」プロセッサが搭載される、と中国メディアMyDriversがAppleのサプライチェーン関係者から得た情報として報じています。

A11の6コア、10nmから「A11X」は8コア、7nmに

「A11X」プロセッサは、「Monsoon(モンスーン)」と呼ばれる高性能チップ3つと、「Mistral(ミストラル)」と呼ばれる省電力チップ5つを組み合わせた8コア構成になり、A11 Bionicプロセッサと同じく台湾のTSMCにより、7nmプロセスで製造されるとのことです。
 
iPhone XやiPhone8/8 Plusが搭載するA11 Bionicプロセッサは10nmプロセスで製造され、Monsoon2つ、Mistral4つの合計6コア構成で、最新型のMacBook Proに肉薄するほどのベンチマークスコアを記録しています。

2018年のiPadにはFacd IDも搭載か

2018年のiPadシリーズには、iPhone Xと同様にFace IDが搭載されると噂されています。
 
A11Xの高度な処理性能は、顔認証のほか、高い負荷のかかるAR(拡張現実)アプリの動作で威力を発揮することとなりそうです。
 
なお、TSMCの会長は先日、集積回路の急速な高性能化を表す「ムーアの法則」はすでに時代に合っていない、と発言していますが、A11Xプロセッサのベンチマークスコアなど、具体的な処理性能の情報が楽しみです。

 
 
Source:MacRumors
Photo:iDropNews
(hato)

 
 

あわせて読みたいiPhone X関連記事

【レビュー】iPhone X シルバー開封の儀&旧機種と外観比較【iPhone X】初期設定がより便利に!旧iPhoneからの移行レポートiPhone Xの料金、性能を徹底比較特集ページiPhone Xの予約・入荷・在庫状況 情報掲示板iPhone Xを予約!オンラインで確実に購入する方法まとめ