明石家さんま(写真:読売新聞/アフロ)

写真拡大

15日放送の「ホンマでっか!?TV」(フジテレビ系)で、司会の明石家さんまが、かつて借金で死を感じたことがあると明かした。

番組では「どん底人生で得たマル秘教訓」と題して、どん底の人生経験をした評論家らが自身の経験と教訓を語った。その中で、親の負債40億円を背負った湯澤剛氏が紹介されると、さんまは「40億はどう考えても無理ですもんね」と湯澤氏に問いかけた。

湯澤氏も自身のことながら「いやあ、もう40億は考えられないですよ、ほんとに」としみじみ語る。すると、さんまは「オレ5億で死ぬと思った」「声が出ない夢、何回も見た」「バブルはじけたとき」と、かつて壮絶な借金生活を送っていたことを明かしたのだ。

さんまが利息についても言及すると、湯澤氏は年間に利息だけで1億円あったことを告白。さんまは「元金だけやと思うけど、そこには利息がついてくる」「それがタチ悪い」と借金の怖さを訴えた。

当時のさんまは、レギュラー番組があったため、頑張れば完済できると思ったとか。さらに、借金の金額が大きかったため開き直ることもできたという。さんまは「3000万〜4000万円やったらオレも辛かったと思う」「額が大きいから『もうええか』って、もうどっちかや、死ぬか喋るかしか残ってなかったから」と、当時の覚悟を打ち明けていた。

【関連記事】
明石家さんま 大竹しのぶと離婚した後にも義母との交流を告白
明石家さんまの考え方を山田ルイ53世が否定「そういうこと言うからダメ」
明石家さんまが木田優夫GM補佐にした助言の理由…“左手”は「明石家サンタ」から