2日目を終えて首位をキープした井上信(写真は2016年マイナビABC)(撮影:ALBA)

写真拡大

来季のツアー出場権をかけた戦い、男子クォリファイングトーナメント(QT)サードステージの第2ラウンドがJFE瀬戸内海ゴルフ倶楽部で行われた。
【関連】“フトシ”じゃねーよ!キヨシだよ!
初日に7アンダーで首位発進を決めた井上信が“74”とスコアを2つ落としながらも、トータル5アンダーで首位をキープ。タイのプーム・サクサンシンらがトップに並んだ。
1アンダー22位で出た宮里聖志は“77”と崩れ、トータル4オーバー46位タイに後退。22歳の飛ばし屋、亀代順哉はトータル2オーバー34位タイとしている。
<ゴルフ情報ALBA.Net>

2017年日本男子ツアー・サードQT成績
石川遼、2万球の練習の末に気づいたこと
石川遼に何が起こっている!?各試合のスコアから分析
ジャンボ尾崎、松山英樹と同組は「20年前だったら…」
飛び級でツアーカード取得目指す タイのサクサンシンってどんな子?