@AUTOCAR

写真拡大 (全6枚)

もくじ

ー コード「P15」 2枚目の公式画像
ー 空力を味方に ウイングは可動式か
ー P15、ハイブリッド選ばず M840Tへ
ー 動画 マクラーレン720S 試乗記

コード「P15」 2枚目の公式画像

マクラーレンはコードネーム「P15」のリアの画像を公開した。

P15は、マクラーレン史上もっともエクストリームな存在で、サーキットに重きを置いたロードカーだという。ローンチ時期は来年、正式発表は12月10になるようだ。

ちなみにAUTOCARは、サーキットでハードなテストをしている様子を、今年はじめにスクープしている。

マクラーレンはこのクルマを「もっともピュア」と表現。日常の使い勝手よりも、むしろ最大限のパフォーマンスを引きだすことに重きを置いているのが特徴だ。

少しテスト車を観察してみよう。

空力を味方に ウイングは可動式か

テスト車を見るかぎり、極めて大きなエアインテークにまず気付く。ここから取りこんだ空気はリアフードへと向かう。同時に車体を巻きこむようにしてリアスクリーンへ到達する。

リアには大きなウイングがそびえ立つ。それを支える2本の柱も物々しい。

とある情報源によると、このウイングは格納したりするものではない。したがって常にその存在感を示すことになる一方で、シチュエーションに応じて動くようだ。

エンジンはどうなるのだろうか?

P15、ハイブリッド選ばず M840Tへ

P15はハイブリッドを選ばない、というのが周囲の考え。軽量であることを優先した結果だろう。

エンジンは720Sが使っているM840T型の4.0ℓV8ターボを基本に内部を適正化、ターボチャージャー自体も専用設計とし、720Sの720psを上回る。

3.8ℓV8ターボとモーターを組みあわせるP1をも上回る800psを叩きだすのでは? というのが一部の見方。

1ピースのカーボンタブであるモノケージIIを基本とし、インテリアはレースマシンに近いものになるだろう。

車重は1300kgを切り、パワーウエイトレシオは656ps/トンにおよぶ可能性もある。

生産台数はおよそ500台だと考えられ、英国価格は£840,000(1億2509万円)ほどになるのではなかろうか。12月10日の発表前にロイヤルカスタマーが招待を受け、内覧会が催されるはず。

英国内の納車開始は2018年夏。次期アルティメット・シリーズにあたる3シーターのコードネーム「BP23」も控えている。

動画 マクラーレン720S 試乗記