Appleが2020年の新製品のためにプロセッサを開発中であることを、Appleのハードウェアテクノロジー担当上級副社長であるジョニー・スルージ氏が、イスラエルメディアCTechのインタビューで語りました。

2020年の新製品用のプロセッサを開発中

イスラエルに生まれ、イスラエル工科大学でコンピュータ科学の修士号を取得したスルージ氏は、IntelやIBMのプロセッサ開発責任者を経て、2008年にAppleに入社しています。Appleが初めて自社で設計したA4プロセッサの開発チームを率いたのが同氏でした。
 
「シリコンは失敗が許されない」と語るスルージ氏は、自身のチームが2020年の新製品用プロセッサ開発に取り組んでいることを明かし、Appleの強みとしてプロセッサ、ソフトウェア、OSなどのすべてを自社で開発しており、他のOSのことを心配しなくて良いことだ、と語っています。
 
当然ながら、2020年の新製品について、スルージ氏は何も語っていません。

Apple、イスラエルで900人のエンジニアを雇用

Appleは2015年にテルアビブ北部のハイファに新拠点を設置しています。開設の時点で、イスラエルの拠点はアメリカ国外では2番目に大きな研究開発拠点とされていました。
 
同社は、イスラエル国内で900名以上のエンジニアを雇用している、とスルージ氏は語っています。これは、2015年にティム・クック最高経営責任者(CEO)がイスラエルを訪問した時に明かされた約700名から、さらに増えていることを示しています。

iPhone Xに活かされているイスラエル企業の技術

近年、Appleはイスラエルのテクノロジー企業を積極的に買収しています。代表的なのは、3Dセンサー技術を持つPrimeSenseで、同社の技術はiPhone XのFace IDに活用されているとみられます。
 
デュアルカメラ技術に強みを持つLinXの技術は、iPhone7 Plus、iPhone8 Plus、そしてiPhone Xに活用されているほか、リアルタイム顔合成を可能にするRealFaceの技術は、iPhone Xのアニ文字に活かされています。

「Face IDは業界最速で最も安全」

スルージ氏は、iPhone XのFace IDについて、業界で最も速く、安全なユーザー認識技術だと語り、3DマスクでもFace IDを破ることはできない、と胸を張っています(しかし最近、3DマスクでFacde IDを突破する動画が公開されています)。

 
 
Source:CTech via MacRumors
(hato)

 
 

あわせて読みたいiPhone X関連記事

【レビュー】iPhone X シルバー開封の儀&旧機種と外観比較【iPhone X】初期設定がより便利に!旧iPhoneからの移行レポートiPhone Xの料金、性能を徹底比較特集ページiPhone Xの予約・入荷・在庫状況 情報掲示板iPhone Xを予約!オンラインで確実に購入する方法まとめ