ウェイ・ダーション監督最新作『52Hzのラヴソング』予告映像 ラブソング歌唱シーンも

写真拡大

 12月16日公開のウェイ・ダーション監督最新作『52Hzのラヴソング』より、チラシビジュアルと予告映像が公開された。

参考:動画はこちらから

 台湾映画史上最高額をかけて制作され、抗日暴動・霧社事件を描いた『セデック・バレ』から、約6年ぶりにダーション監督がメガホンを取った本作は、台湾初の全17曲完全オリジナル楽曲で綴られるラブストーリー。バレンタインデーの1日を通して、様々な愛の形と出会いを描いた、すべての人々にエールを送る作品となっている。

 メインキャストには、台湾の人気バンド宇宙人(CosmosPeople)の作詞作曲ボーカル&キーボード担当のシャオユー(小玉)を始め、もと棉花糖のシャオチョウ(小球)、『KANO 1931海の向こうの甲子園』で主題歌を歌ったトーテムのスミン、小男孩樂團のミッフィー(米非)が名を連ねている。また、『セデック・バレ』のリン・チンタイ(林慶台)や歌手のシンディ・チャオ(趙詠華)、ほかにもリー・チエンナ(李千娜)、チャン・ロンロン(張榕容)やファン・イーチェン(范逸臣)、マー・ニエンシェン(馬念先)、イン・ウェイミン(應蔚民)、ミンション(民雄)、田中千絵らも特別出演する。

 公開された予告では、様々な音楽とともに繰り広げられる本編シーンの映像が映し出されている。夢を追い続ける作曲家を演じるスミンやその彼女役を演じるミッフィーの歌声も収められ、台湾の街中を舞台に繰り広げられるミュージカルシーンも展開されている。

 一方、同時に公開されたチラシビジュアルには、本作でメインに描かれる2組の男女が横に並んだ姿が写っている。また、女優の紫吹淳より下記のコメントが寄せられている。

■紫吹淳 コメント恋愛で悩んでいる人必見! 同じ時代に生まれてくれてありがとう! 全編良質のラブストーリー&ポップス! 見終わってハッピー気分間違いなしの極上ミュージカル! あなたが主役の舞台はどんなストーリー?(リアルサウンド編集部)