ハリルホジッチ監督のコンセプトは浸透しているが、早い攻めを意識し過ぎるばかり、攻撃に迫力が感じられない。写真:茂木あきら(サッカーダイジェスト写真部)

写真拡大 (全3枚)

 ベルギーに0ー1。
 
 ワールドカップ欧州予選9勝1分、FIFAランキング5位の強豪相手であるし、スコア的にはブラジル戦のよりは失点も減り、悪くない結果に見える。数年間、経過して記録だけを見た時には、ベルギーに惜敗だったんだなと思うかもしれない。
 
 しかし、来年のワールドカップを考えるとこの0-1には大きな問題と危機が宿っている。
 
 実際、今回の欧州遠征をワールドカップのグループリーグに置き換えると、2試合2敗でグループリーグ突破は絶望的になっていただろう。現実的にブラジル、ベルギーという強豪と同じ組になる可能性が、日本は第4ポットなので十分にあり得るのだ。
 
 ハリルの“やり方”は、選手に浸透している。
 
 高い位置で奪って早く攻める意識は選手の誰もが口にして、そのコンセプトに揺らぎはない。だが、それを意識し過ぎるばかり、攻撃に迫力が感じられない。
 
 ベルギー戦は、前半はシュートわずかに1本。後半も3本のみ。これでは点は取れないし、勝つことが難しい。
 
 シュートを増やすには、もちろん個人の判断もあるが、その前にいかに多くのチャンスを作れるかがキーになる。
 
 しかし、ブラジル戦もベルギー戦もラストパスの精度が低かったり、作りの部分でミスしたり、ゴール前の役割分担があやふやだったり、コンビネーションがうまく噛み合わなかったりするケースが多く、なかなかチャンスが作れなかった。
 
 個人のミスは仕方ないにしても気になったのは、役割分担とコンビネーションだ。
 
 たとえば左サイドの長友佑都からクロスが入る時のボックス内の役割、規則性があるのだろうか。1トップの大迫勇也がニアに突っ込むのなら誰がファーサイドに入るのか。大迫とクロスして中央は誰がいくのか。中盤から前の選手にパスを出された時、コンビネーションでどう打開していくのか……。
 
 ベルギー戦では大迫、原口元気、浅野拓磨が前線にいたが、大迫と原口、大迫と浅野というコンビネーションを活かして打開するプレーがほとんど見られなかった。途中から入った久保裕也はほとんど孤立していた。
 ニュージーランド戦では大迫と武藤嘉紀が良いコンビネーションを見せていた。大迫がサイドに逃げてスペースを空け、武藤が中に入っていく、あるいは近い距離でパスを交換しながら打開していくプレーが見られた。

 ニュージーランドとベルギーでは対戦相手の力の差があるので比較はできないと思われるが、どんなに強い相手でも攻撃できる時間はある。そもそも個の突破力に欠ける日本はコンビネーションで打開していかなければ、相手を崩すことは難しい。縦に早くという意識は浸透しているが、コンビネーションを含めた“術”が整わないのが、ベルギー戦でも見えた日本の現状なのだ。
 
 コンビネーションが機能しないのは頻繁に前線のユニットを変えてきた影響が大きい。それを高めていくのは決して簡単な作業ではない。川崎フロンターレの攻撃サッカーは非常に質が高いが前線のユニット(小林悠、阿部浩之、中村憲剛、家長昭博)が機能するのに半年近くかかっている。クラブチームでさえもそれだけの時間を要しているのだ。
 
 ある程度、攻撃のユニットを固めて連係を高めていくのは、集まる時間が少ない代表では必要なことだ。ザッケローニ前監督もそうして選手間のコンビネーションを磨いていった。その結果、今回と同じワールドカップ7か月前にオランダ、ベルギーと戦い、オランダには2-2のドロー、ベルギーには3-2で勝っている。
 
 しかもオランダ戦では山口蛍をスタメンで起用し、勝負どころで遠藤保仁を投入して点を取りにいくという、のちのワールドカップで戦うスタイルが完成した。ベースの上にさらに戦術的な上乗せという収穫を得ていた。