エフゲニー・プルシェンコ氏

写真拡大 (全4枚)

男子フィギュアスケート界で皇帝の異名を持つエフゲニー・プルシェンコ氏が、15日の都内で、平昌2018冬季オリンピック P&G「ママの公式スポンサー」キャンペーンの新CM発表会に登場した。

その会場では、平昌五輪で連覇を狙う羽生結弦にメッセージを発信。勝つためのポイントとして「他のスケーターと戦ってはいけない」と助言した。

「私自身は(羽生が)勝つと思っている」とプルシェンコ氏。「そこで、私の長年の経験から言いたいことがあって、オリンピックは正しいアプローチが必要です」と言い、説明を始めた。

「あくまで、私個人の意見ではありますが、4回転ジャンプは必要ないと思っています。その理由の一つとして、結弦くんの得意なことを全部やっていけばいいと思っています。結弦くんには、他の選手と比べてカリスマ性がある。彼はとても体がしなやかで、芸術性の高い滑りがあるからです」

「冷静な頭脳を持って、自分の愛するものをオリンピックの舞台でやれば、結果に結びつくでしょう」

何度も「冷静な頭脳を持って…」とアドバイスしたプルシェンコ氏。「私は、特に一番最初に出場したオリンピックのことを思い出します。私の頭の中は、勝つことだけ、前のめりになり過ぎていた」

「フィギュアスケートの場合は、格闘技じゃない。冷静に判断しないといけない。他のスケーターと戦ってはいけないのです」

「フィギュアスケートで克服しないといけないのは、恐怖心です。フィギュアスケートにとって大事な相手は、自分だけです。ただ、4歳のことから積み重ねてきた仕事をきちんとすればいい。戦う相手は、自分ひとり。これは、私の母、私のコーチから常に言われてきたことです」と明かしていた。

プルシェンコ氏は、今週17日から放送されるP&Gの「ママの公式スポンサー」キャンペーンCMを紹介。今回の会場には、松岡修造氏と吉田沙保里もゲスト出演しており、映像化されているオリンピック出場選手と家族のつながりについて、トークを繰り広げていた。

▼ P&G「ママの公式スポンサー」キャンペーン・新CM発表会より

エフゲニー・プルシェンコ氏