障害者施設で男性死亡 職員が転倒防止のために手足を拘束

ざっくり言うと

  • 東京・青梅市の障害者施設で、男性入所者が死亡しているのが見つかった
  • 転倒防止のために職員が男性の手足を拘束し、あお向けに寝かせていたという
  • 警視庁は死因を調べるとともに、職員の対応に問題がなかったか調べている

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング