PKを献上したブラジル戦の反省を踏まえ、冷静にプレー。「守備はうまくいった部分が多かった」と収穫を口にした。写真:茂木あきら(サッカーダイジェスト写真部)

写真拡大

[親善試合]日本0-1ベルギー/11月15日/ブルージュ(ベルギー)
 
 ブラジル戦で3失点を喫した最終ラインは、ベルギーの強力攻撃陣を1点に抑え込んだ。ディフェンスリーダーの吉田はその手応えと反省を次のように話す。
 
「プレスのかけ方、ハメ方は悪くなかった。ただ、失点シーンはワンチャンスをモノにされてしまった。全員の気が緩んでしまったことが原因だと思うし、クロスを上げさせる前に止めるべきだった」
 
 守備は機能していたと評した背番号22は、攻撃面にも言及する。
 
「ボールを奪った後に、どういう形でゴールまで行くか(が課題)。奪ってから“さあ、どうしよう”というシーンが散見された。“奪ってからこうする”というのがあれば、より良い形でフィニッシュまで持って行けたと思う」
 
 その口調は段々と熱を帯びていく。
 
「前線の選手は前を向いて仕掛ければやれるし、大迫(勇也)は全然負けていなかった。“全然やれる、もっとやれる”と思う。ベルギーにはブラジルほどの差を感じなかったし、明らかに調子が良くなかった。そういうコンディションであることを把握してほしかった」
 
 世界屈指の強豪との試合を通し、「ひとつのミス、チャンスを活かすか殺すかというところで勝敗が分かれてしまうという点は、僕も含めて全員が分かった」という。では、どうすれば世界で勝てるようになるのか。必要なのは、「ひとつのチャンスで決められないのが差なら、2個3個と決定機を作る」ことだと語る。守備面では実りのある試合だっただけに、攻撃の細部を突き詰めたいところだ。

【日本代表PHOTO】積極的な戦いで好勝負を演じるも、ベルギーとのアウェー戦に0-1で敗れる