今キャンプでは売り物の打撃以上に、守備が注目される大山

写真拡大

 秋季キャンプで二塁挑戦中の阪神・大山悠輔内野手(22)が13日、今度は遊撃にも本格挑戦した。実戦打撃の練習で遊撃のポジションに入り、サブグラウンドでは特守を敢行。首脳陣は今キャンプ中に二塁手として一本立ちさせようとしていたが、予想以上に守備のセンスを見せたことで、さらなる課題に取り組ませた形だ。

 発案した久慈内野守備走塁コーチは「二塁はある程度できている。肩は(遊撃候補のなかで)一番強いし、それならやっている方がいい」と説明。平田チーフ兼守備走塁コーチも「彼の肩を生かすには、いろんな準備をするに越したことはない」と適性をさぐる構えだ。大山も「やる限りには何でも本気でやっていきたい」と意気込んだ。

 今季の遊撃は鳥谷が三塁へコンバートされ、金本監督は5年目の北條を抜擢したが不振のため2軍降格を経験。代わりに入ったルーキーの糸原もケガで戦線離脱するなど定着できなかった。

 堅守が第一条件のポジションだが、金本監督は「ショートだから打たなくてもいいってのはない」と強調。長打力に定評がある大山が定着すれば、一気に類い希な大型遊撃手誕生へつながる。

 チーム関係者は「ウチはセンターライン強化が最重要課題。国内FAで守備の名手・大和も流出危機を迎える中、糸原や植田ら候補者は複数いるが、大山は彼らと違うタイプだ。彼がレギュラーに定着できれば遊撃は10年安泰だ」と見る。将来のチームの命運を握る先行投資といえる。(山戸英州)