朝青龍(gettyimages)

写真拡大

15日放送の「バイキング」(フジテレビ系)で、高須クリニック院長の高須克弥氏が元横綱・朝青龍の現在について語った。

番組では、横綱・日馬富士の暴行騒動を取り上げ、過去に起きた元横綱・朝青龍の引退騒動を振り返った。

2010年、泥酔した朝青龍は一般人に暴行を加え、警察が出動する事態にまで発展。被害者との示談が成立するも、日本相撲協会から引退勧告を受けた朝青龍は角界から引退することとなった。

高須氏は、朝青龍と親友だそうで「地元(モンゴル)へ帰って実業家になった」と、その後の朝青龍の様子を語った。なんでも、朝青龍は地元民に受け入れられているようで、同郷である現横綱・白鵬よりも人気があるらしく「すごくハッピーですよ。今」と証言した。

【関連記事】
高須克弥氏「サザエさん」のスポンサー後継に意欲「値段交渉開始なう」
高須克弥氏 テレビに出演しない理由を告白「ヘンな発言しちゃうから」
高須克弥氏が日本でのロケット開発投資に言及「北朝鮮に発射してくれるなら」