エド・シーラン、テイラー・スウィフトの「ドレス」は自分についてではないと話す

写真拡大

 テイラー・スウィフトが曲やアルバムをリリースすると、その詞についてファンやメディアから様々な憶測が飛び交う。最新作『レピュテーション』に関して、それをやってほしくないというテイラーの意に反して、収録曲「ドレス」がテイラーの大親友で、過去に何度か交際が噂されたエド・シーランのことなのでは、とファンの間でささやかれている。

 曲の中に、エドの曲名でもある“shape of you”に加え“I don't want you like a best friend”というフレーズが登場することから、2人の関係が友達以上のものだったのではとファンたちは読んでいるが、エドの答えはノーのようだ。

 シンガポールのメンズ雑誌『August Man』とのインスタグラム生配信にて、エドは「僕のことじゃないと思う。深読みすると……違う……彼女は丸刈りにした誰かについて歌っているけれど、僕は丸刈りにしたことはないから」と否定した。

 エドは丸刈りにしていたことはないようだが、テイラーの現在のボーイフレンドのジョー・アルウィンは、彼女との交際中に丸刈りしていたことがあることから、彼についての詞なのかもしれない。