離婚を発表した水崎綾女

写真拡大

 昨年7月に省エネ関連販売などに携わる一般男性(37)と結婚したタレントで女優の水崎綾女(28)が離婚した。15日に所属事務所および自身のブログを通じて報告した。

■水崎綾女のプロフィール 主な出演作品も

 水崎は「私事ではありますが、この度、離婚したことをご報告致します。結婚してからも撮影で地方や海外にいる機会が増え、すれ違う事が多くなりました」と経緯を説明し「家族が出来て嬉しく思い、皆さまから祝福していただいたのにも関わらずこのような決断に至ったことを心苦しく思います」と心境をつづった。

 続けて「まだ若く、足りなかった事もありましたが、この経験を今後に活かし、これからも女優として、人として邁進していきますので応援していただけたらと思います」とメッセージしている。

 所属事務所によると、結婚以前から撮影が多い水崎に対し、男性も仕事に没頭する日々だったといい、生活のすれ違いや価値観の違いが離婚の原因なったと説明。10月に2人そろって都内区役所に離婚届を提出したという。なお、離婚に伴う慰謝料などはなく、会見の予定もないとしている。

 水崎は、1989年4月26日、兵庫県神戸市生まれ。これまで映画『ユダ』(2013年)、『赤×ピンク』(14年)、『進撃の巨人』(15年)などに出演。舞台『鴎外の怪談』(14年)で第2回ハヤカワ「悲劇喜劇賞」を受賞した。