@AUTOCAR

写真拡大 (全3枚)

もくじ

ー M2「CSL」 M3/M4ユニット搭載か
ー BMW、M2 CSLの製作に乗り気な理由
ー 動画 BMW M2「CSL」 ニュルテスト

M2「CSL」 M3/M4ユニット搭載か

BMW M2の、より軽く、よりパワフルなモデルの開発が進んでいる。

「GTS」ではなく、「CSL」を名乗る可能性も浮上。剥ぎ取られたインテリアに、彫りの深いシート、カーボンパーツで武装されたE46型のM3 CSLが記憶に残っている読者もAUTOCARの場合は多いだろう。

3.0ℓ直列6気筒ターボガソリンユニットがフロントノーズにねじ込まれる可能性も。じつはこれ、M3/M4が使っているエンジンだ。

デチューンされることになるはずだが、信頼性やレスポンスが旧来のM2のユニットより高まる。それだけでなく、あたらしい技術が盛りこまれるというメリットだって大いにある。

トランスミッションは6速マニュアル、もしくは7速デュアルクラッチATの可能性が高く、駆動方式はFR。市場によってはマニュアルを標準とするところも出てくるだろう。

ではなぜ、BMWはM2 CSLの製作に乗り気なのだろうか?

BMW、M2 CSLの製作に乗り気な理由

BMW M部門の副社長、ダーク・ハッカーがAUTOCARに語ってくれた内容は以下のとおり。

「M2の売れゆきは、予想の40〜50%以上です。ですから特別仕様を投入します。特別仕様は、イチからモデルを作るよりもかんたんであることも理由ですね」

「それとわれわれBMWには『GTS』や『CS』といったモータースポーツのヘリテージがあります。これらとマッチングしやすいM2に、その名を使わない手はないですね」

ちなみにCSLの「L」は、ライトのL(ドイツ語では「Leicht=軽量」)。

それでは動画を見ていこう。

動画 BMW M2「CSL」 ニュルテスト