2017年の日本代表、出場時間ランキングTOP20!なんと岡崎が圏外に…

写真拡大

ブラジル、ベルギーとの強化試合を終えた日本代表。

12月にはEAFF E-1 サッカー選手権 2017(旧東アジアカップ)に出場するが、この大会はインターナショナルマッチウィーク外に行われるため、海外組の招集ができない。それゆえ、国内組の底上げを目的とした大会になるはずだ。

つまり、フルメンバーを招集できるのは11月の欧州遠征が年内では最後であったわけだ。

2017年に入り、10試合を戦った日本代表。ここまでの出場時間ランキングを見てみよう。

20位:森重 真人
出場時間:180分

19位:今野 泰幸
出場時間:181分

18位:遠藤 航
出場時間:185分

17位:倉田 秋
出場時間:186分

16位:酒井 高徳
出場時間:197分

15位:本田 圭佑
出場時間:216分

14位:乾 貴士
出場時間:238分

13位:香川 真司
出場時間:246分

12位:浅野 拓磨
出場時間:331分

11位:槙野 智章
出場時間:360分

10位:昌子 源
出場時間:450分

9位:久保 裕也
出場時間:454分

8位:井手口 陽介
出場時間:571分

7位:原口 元気
出場時間:582分

6位:大迫 勇也
出場時間:584分

5位:山口 蛍
出場時間:682分

4位:酒井 宏樹
出場時間:793分

3位:吉田 麻也
出場時間:810分

2位:川島 永嗣
出場時間:810分

1位:長友 佑都
出場時間:856分

1位は唯一全10試合に出場した長友佑都。10試合ともが先発出場であり、900分のうち856分に出場したというのは指揮官からの信頼の厚さが窺える。

以下、川島永嗣、吉田麻也、酒井宏樹と常連メンバーが並び、Jリーグ組では8試合計682分に出場した山口蛍が5位となっている。

香川真司が13位(246分)、本田圭佑が15位(216分)と2014年大会の中心メンバーが下位となっているが、最も驚きだったのは岡崎慎司だ。

岡崎は5試合に出場するも先発はわずかに2度で、ここまでのプレー時間は172分。これは6月以降招集されなくなった森重真人よりも少ない時間であり、なんと21位にあたる数値だ。これはちょっと心配になる…。

なおチームキャプテンである長谷部誠は負傷があったため、1試合のみの90分出場となっている。