カウンター以外に攻め手を見出せなかった日本。攻撃に迫力を生む意味では、本田、香川の待望論が出ても不思議ではない。(C)SOCCER DIGEST

写真拡大 (全2枚)

[親善試合]日本0-1ベルギー/11月14日/ブルージュ(ベルギー)

 前回のブラジル戦に比べれば、立ち上がりは悪くなかった。前線から積極的にプレスを仕掛け、ボールを奪ってから一気にカウンターを仕掛ける形は何度か見られたし、前からプレスを仕掛けるところ、引いてブロックを作るところの判断は、ブラジル戦よりはるかに良かったと思う。

 最も目を引いたのは、インサイドハーフで代表デビューを飾った長澤の出来だ。敵に素早くプレスを仕掛けたかと思えば、懸命なプレスバックからパスカットもしていたし、パス捌きにおいても及第点を与えられるレベル。代表初先発とは思えない堂々たるパフォーマンスを見せたことに関しては、ポジティブに捉えて良いだろう。

 ただし、この試合における日本の攻撃については、お世辞にも褒められない。確かに、カウンターから何度かチャンスを作ったけれど、それ以外はどうだろうか。パスをつないで崩した場面は皆無に等しかったし、カウンター以外に攻め手がない状態だった。

 中盤である程度ボールをキープする選手がいれば、そこでタメができて、複数人とのコンビネーションプレーから攻撃を仕掛ける形ができたんじゃないかという気もしている。ただ、中盤に入った山口や井手口、長澤はいずれも守備で頑張るタイプ。そもそも、攻撃にそこまで多くを期待できる状況でもなかった。

 しかし、せっかく守備で頑張っても、世界の強豪国を無失点に抑えるのが厳しいことは、このベルギー戦でも証明された。防戦一方では守備陣が疲弊するのは当然で、だからこそ、もっと攻撃に時間を割ける状況を作らないといけない。

 そう考えると、本田、香川の再招集が浮上してくる。ブラジル戦を含めた2試合の出来を見ると、ふたりの待望論が出ても不思議ではないと思う。

 今回の欧州遠征ではメンバー選考から漏れてしまったが、彼らが攻撃に違いを生める存在なのは、これまでの実績からも分かっている。香川はハリルホジッチ監督の求める“デュエル”に関して物足りなさはあるが、そこはある程度目を瞑る必要もあるのではないか。

【欧州遠征PHOTO】スタジアムに「スシ!」が響き渡る!ユーモアたっぷりのベルギーサポーターを激写!

 森岡や乾あたりも攻撃にアクセントを加えられそうな存在だが、実績面では本田や香川には劣る。もし、約7か月後に迫ったワールドカップで結果を残したいのならば、本田と香川の頼るのが現実的な選択肢のように思う。

 中盤でタメを作りながら攻撃を組み立てられれば、ブラジル、ベルギー戦で不発だった大迫、原口あたりがもっと躍動するかもしれない。その意味でも、カウンターを主体とした攻撃のオプションとして、ポゼッションも組み込むべきだと提言したい。

 いずれにせよ、今回の欧州遠征では、世界の強豪国との差がかなりあることが分かった。攻守両面の課題を解決しない限り、ロシア・ワールドカップではグループリーグでの敗退を余儀なくされるだろう。

 12月の東アジア選手権(EAFF E-1サッカー選手権)後の強化試合は、3月と本大会直前しかない。この限られた期間で、ハリルホジッチ監督はどうチームを強化しようと試みるのか、その手綱さばきに注目したい。