中古買い取り価格の強いクルマはローン向き

 クルマを購入する際の支払いでローンを組むことのメリットは、何と言っても手持ちのお金がなくてもクルマを手に入れられるという、夢のような話に尽きる。何らかの就業をしていて一定の収入さえあれば、極端に言えば手持ちのお金がゼロでもクルマに乗ることができるのだ。

 現実的には、頭金は少しでも多いほうが支払いがラクになるし、購入時には最低でも諸費用分ぐらいは現金で支払うことが望ましいのだが、それでも支払いの多くを先送りできるのは本当にありがたい。

 ローンを組む際の手数料を取られるのを嫌がる人も多いが、その分、販売する側としても現金一括払いより利益が多くなるので、わずかながら現金払いより値引きや下取査定アップに良い影響を与えることが期待できる。また、あまり走行距離が伸びない人の場合は残価設定ローンという、さらに支払いがラクになるプランもある。

 とくに、中古買い取り価格が強いクルマはローン向きだ。筆者がスバリストだから言うわけではないが、最近のスバル車は軒並みリセールがよく、とくに上級グレードは国産車のなかではかなり良い査定額がつくので、仮に支払いがキツくなっても手放せば残債の多くを返せる可能性が高い。とりわけSTIの限定車のリセールは強烈に高いので、いざという時は手放せばいいと思えば気がラクになる。

 場合によっては所有権が販売会社やクレジット会社になることも多いが、「厳密には自分のクルマではない」という精神的な部分にネガティブな要素があるだけで実害はない。

 そんな素晴らしいローンも、経済的な信用を失うと組みたくても組めなくなってしまうので、将来的にローンでの購入を予定している人は、常日頃から銀行口座からの引き落としや各種の支払いを滞らせたりしないように注意したい。

 とくに、カード払いの引き落としなど金融機関がらみの支払いで引き落とし不能による遅滞を繰り返すと経済的な信用を失い、ローン審査に通りにくくなってしまうから要注意だ。もちろん、自己破産や各種の支払いバックレなどはもってのほかである。

 過去に金融事故歴のある人でも、数年も経てば再びローンが組めるようになるが、そもそもそういうタイプの人にとって経済的信用を取り戻すのは容易なことではないので、道は険しいと言える。

 過去に支払いの遅滞や金融事故歴がない人の場合、普通に就業さえしていれば年収が少なめでも総額で300万円台までなら頭金なしのフルローンも組める可能性が高いので、「クルマを買うのはお金を貯めてから……」などと思わずに、ローンを組んで今すぐ好きなクルマに乗ってみよう!

 蛇足ながら、筆者は高卒で就職した2年目のハタチの頃(手取り年収250万円ぐらい)に、ヴィヴィオGX-RとインプレッサWRXを立て続けにフルローンで購入したが、ローンのおかげで極めて充実したカーライフを過ごせて、じつに幸せであった。