ドラマ「監獄のお姫さま」と「先に生まれただけの僕」の2作品に出演している若手女優・大幡しえりに直撃インタビュー!/撮影=カノウリョウマ/取材・文=及川静

写真拡大

現在放送中の10月クールドラマの「監獄のお姫さま」(TBS系)と「先に生まれただけの僕」(日本テレビ系)に出演しているのが、女優・大幡しえり、19歳。わずかデビューから半年で、1クールに2本連ドラマ出演という活躍を見せている。そんな彼女に直撃し、19歳の素顔、そして女優としての思いなどを語ってもらった。

【写真を見る】"しえり"は仏語の"シェリー(=かわいい)"が由来!大幡しえりのまさに"シェリー"なSHOT7連発/撮影=カノウリョウマ

■ 名前の“しえり”の由来はフランス語から!

--突然ですけど「しえり」って本名ですか?

「そうです。本名です。本当は漢字なんですけど、難しいのでひらがなにしました。母が付けてくれたのですが、由来はフランス語で“シェリー”って言葉があって、そこが語源らしいです。シェリーの意味は…自分で言うのは恥ずかしいんですけど、可愛らしいとかって意味らしいです」

--お似合いですよ! スカウトされたのは昨年で、秋から事務所に所属したんですよね? お芝居を始めたのはそこから?

「事務所に入る少し前からレッスンを始めていました。レッスンを始めてからお芝居って楽しいなと思うようになって。一つの役でもそれまでの生き方や考え方を考えたり、同じ役でも他の人は自分と違う捉え方をして、違う演じ方をしたりするので、面白いなって」

--そして、いきなり映画「ひるなかの流星」('17年3月公開)で、主要キャラクターとしてデビュー。演じる奈々はショートカットだったので、最初同一人物だと気付きませんでした!

「ショートカットは最初、違和感があったんですけど、皆さんに似合ってると言っていただけて。監督からも『(今後)それでいきなよ!』と言っていただけて、今では写真で見ると気に入ってます」

--人生でショートにしたことは?

「小学生の時の七五三が終わった後と、中学校の時のテニス部の顧問の先生に短くしてと言われて、切ったことがありました。でも、自分でショートにしたいと思ったことはなかったんですよ」

--長い方が好きですか?

「そうですね。ショートの自分はあまり好きじゃないです(笑)」

--「ひるなか」の奈々は可愛かったですよ!

「あのときのショートじゃなくて、昔のショートはちょっと…なんです(笑)」

--なるほど(笑)。その映画からわずか半年で、1クールにドラマ2本出演! すごいですね。

「周囲の方たちに支えられてできているので、本当に感謝しています。もっと頑張らないとって思ってます」

■ 蒼井優さんの言葉が撮影現場で心にしみました

-- 「先に生まれただけの僕」で演じるのは、蒼井優演じる真柴ちひろが担任の2年3組の石田沙里依。撮影現場はいかがでした?

「蒼井さんがお芝居されることで新しいものが生まれるんです。蒼井さんがアドリブで返してくださるから、生徒からもテストのときにはなかった反応が生まれたりして、本当にすごいなって感じます! だから、蒼井さんと共演できる日はすごい楽しみでした」

--撮影で印象的だったことは?

「クラインクインが始業式のシーンだったんですけど、蒼井優さんが壇上に登ってお話ししてくださったんです。『10代のときに共演する仲間たちは、大人になってからとは違って、本当にかけがえのない仲間になるから、これからの撮影をしていくうちに一生の絆を築ける仲間になったらいいね』と言っていただけて、心に染みました」

--11月11日に放送された第5話では、2年3組全員でオープンキャンパスのイベントに取り組んでましたね?

「2年3組は実際の学校のクラスより結束力が高いんじゃないかと思うほどいいクラスで、オープンキャンパスもみんなで頑張りました。最後は女子がみんな泣いちゃうぐらい頑張りましたよ」

--蒼井さんが言ったように、素敵な仲間になりました?

「はい。実際にお友達もできましたし! 私、人見知りのところがあるので、衣装合わせのときはみんな現役高校生だし、仲良くなれるかな?と不安もあったんです。でも、1回目の撮影から打ち解けることができて、想像していたよりもすぐに団結できたんです。例えば、誰かが泣くシーンがあると、みんなで自然と駆け寄って声を掛けたりしていて、実際にある高校のクラスよりいいクラスなんじゃないかな?って(笑)。撮影に向かうときも駅で会うと、通学みたいにみんなでおしゃべりしながら行ったり、学校の友達みたい!って思いました。普通に話して、笑って、楽しかったので、撮影が終わるの本当に寂しかったです」

■ 台本を読んだだけでプレッシャー感じてます(苦笑)

--団結力とかは画面からも伝わってきそうですよね。そして、現在はガラリと変わって、「監獄のお姫さま」で新人刑務官・高山を熱演中。半年前は「女囚セブン」('17年テレビ朝日系)で女囚を演じていたのに、その半年後には刑務官。面白い経験ですよね?

「両方の面が見られて面白いなと思いました。刑務官の方ってこんな気持ちだったんだなって。女囚から見ると刑務官はただ怖い存在なんですけど、刑務官は女囚個人が嫌いなわけじゃなくて、仕事として厳しくしないといけないんだなということが分かりました」

--刑務官の役作りは?

「監督から刑務官のDVDをいただいてので、歩き方や敬礼の仕方などを練習しました。それから『○○しなさい!』というような言い方も普段しないので、お家で何回も言って慣れるように。刑務官の話し方は感情が載ってないというか、淡々と言わないといけないので難しいんです。ただ、高山は新人なので、刑務官になろうとしていいる、その一生懸命さが出せればと思っています」

--囚人役は小泉今日子さんや菅野美穂さんらといった、そうそうたるメンバーなので、緊張するのでは?

「はい。小泉さんたちに厳しいことを言うので、台本を読んだだけでプレッシャーを感じました。逆なら気持ちが楽なんですけど、『○○しなさい!』とかっていうので、失敗しないようにしなくちゃと思ってます」

--とはいえ、今作は宮藤官九郎脚本で、コミカルなシーンもいっぱいですね

「朝とか、お昼ご飯の歌とか面白いですよね。朝はお母さんが野菜をトントンしてる歌が流れたりして(笑)。その中で高山は真面目すぎてやらかしたり、真っ直ぐすぎて怒られるシーンがあるので、そういう時の掛け合いを笑っていただけるようにしたいなと思ってます。高山が先輩(満島ひかり)に怒られて泣いてる時に監視長(池田成志)のナレーションが入るんですけど、そこは高山が真剣に泣いてないと面白くないと思うんです。だから、今作では真面目ゆえにいろいろ失敗して、真剣にやらかしたいなと思っています(笑)」

Profile=おおはた・しえり●'98年11月5日生まれ、埼玉県出身。B型。'17年春、映画「ひるなかの流星」で女優デビュー。ドラマ「女囚セブン」('17年、テレビ朝日系)に出演。現在、ドラマ「監獄のお姫さま」(TBS系)、「先に生まれただけの僕」(日本テレビ系)に出演中(ザテレビジョン)