タレントのマツコ・デラックス(45)が10日、三半規管にウイルスが入り、入院。13日生放送のレギュラー番組「5時に夢中!」(MXテレビ)の出演を取りやめた。

 風邪気味だったところに、ウイルスで三半規管が腫れあがり、目まいなどが発症したという。医師で作家の米山公啓氏はこう言う。

「突発的な目まいについては、過労やストレスが原因といわれますが、明確な原因は解明されていません。目まいが何度も起きるようなら問題ですが、一般的には2、3日で回復、問題ないでしょう。ただ、日本人は白人と異なり、肥満で長寿は不可能といわれています」

 大事を取っての出演取りやめらしいが、レギュラー8本を持つマツコだけにテレビ局サイドはマツコの穴埋めに四苦八苦している。

「『5時に夢中!』は視聴率がガクンと下がるのでは、と危惧しているそうです。その他の番組もマツコさんが回しているようなもので代役がいない。しかも、これから年末特番イベントなどイレギュラーな仕事は体調最優先で全部断られるだろうと言われています」(テレビ制作会社)

 芸能評論家の肥留間正明氏がこう言う。

「つい最近までのテレビ界では、オカマキャラはアウトサイダーな存在でした。ところが、騒ぐだけで中身のないタレントが“ひな壇芸人”などと無駄にもてはやされた結果、たけし、さんま……爆笑問題に次ぐMCが育っていなかった。そこを埋めたのがマツコでした。しかし、マツコ頼みの結果、病気による離脱で、テレビ界の“層の薄さ”がまた露呈した。これはテレビ局側の由々しき問題です」

 先日はバラエティー番組で、老後が寂しいからくりぃむしちゅーの上田と有田の間に家を建てさせてと懇願していたマツコ。健康より大事な仕事はないだけに、働くペースも見直しか。