デビュー戦となったベルギー戦で存在感を発揮した長澤 photo/Getty Images

写真拡大

日本代表は14日、国際親善試合でFIFAランク5位のベルギー代表と対戦した。エースのエデン・アザールは欠場したが、それでも欧州屈指のタレントを揃えるベルギー。日本は終盤まで奮闘したが、72分にロメロ・ルカクにゴールを許し、0-1の敗戦を喫した。

しかし、この試合では新たな収穫もあった。ベルギー戦で日本代表デビューを飾った浦和レッズMF長澤和輝。相手の間でうまくボールを受け、攻撃の起点となったり、山口蛍や井手口陽介らとコミュニケーションを取り、中盤に包囲網を敷いたりするなど、攻守にわたって存在感を発揮した。プレミアリーグで圧倒的なパフォーマンスを披露するケビン・デ・ブライネが、前半序盤はパスの出し所が無く苦しそうにする場面も見られたほどだ。

そんな長澤が試合後のインタビューに応じ、デビュー戦となったベルギー戦を次のように振り返っている。

まず「前回のブラジル戦は1-3で負けてしまい、入り方が良くなかったので、そこを改善しようと思って入りました」と述べると「やっぱり個の能力が高いので、1対1のところでもうちょっと戦えれば良かったかなと思う。相手が準備できていないときに、自分たちから前半ハイプレッシャーにいって、何度か奪ってチャンスがあったので決めきれれば良かった」と反省点や悔しさを口にした。

そして、今後について「東アジア(EAFF E-1サッカー選手権2017 決勝大会)もありますけど、代表として集まるのは3月になるので、しっかりとそれまでに全員で成長して、もっと良い状態で集まれればいいかなと思う」とコメント。さらなる成長と飛躍を誓っている。