ハリル監督が浅野と杉本の“フィニッシュ精度”の低さを指摘 「経験と冷静さがあれば…」

写真拡大

ベルギー戦の試合運びには一定の評価 得点チャンスを生かせず「残念」

 日本代表は現地時間14日の国際親善試合ベルギー戦に0-1と敗れた。

 最少得点差での敗戦となった試合後、バヒド・ハリルホジッチ監督は会見に臨み、試合運びには一定の評価をしつつも、FW浅野拓磨(シュツットガルト)、FW杉本健勇(セレッソ大阪)らのフィニッシュワークの質が足りなかったと指摘した。

 守備組織が機能せず1-3で敗れたブラジル戦から中3日、FIFAランキング5位のベルギー相手に日本は守備で奮闘。鋭い出足でボールを奪う場面が目立った。後半に入って時間が経つにつれて動きが落ち始めると、同27分に相手の得点源であるFWロメル・ルカク(マンチェスター・ユナイテッド)に決勝点を奪われた。

 とはいえ、鋭いショートカウンターを浴びせるハリル流のスタイルは垣間見えた。指揮官も「心理面でより良い準備ができた。今日は最初の10分間、入りが良かったし、2回、3回のチャンスを作った」と評価する一方で、こうも続けている。

「攻撃面では得点につなげるチャンスがあったが、それができなかったのは残念。浅野にもうちょっと経験と冷静さがあれば得点できたのかなと思う」

 浅野は前半2分にいきなりシュートを放つなど、序盤から積極果敢な姿勢を見せた。その一方で相手マーカーを揺さぶる駆け引きの面では物足りなく、ゴールを陥れることはできなかった。

3対1の場面なら「良いチームは難なく決める」

 さらにハリル監督は、「簡単にパスで失ったのが心配だ。ラストパス、得点を取らせるためのパス、3対1のシチュエーションでフィニッシュまで行けたが、良いチームはこれを難なく決める」と、チーム全体の攻撃の課題を挙げながら、“3対1のシチュエーション”で得点を奪えなかった杉本のプレーに言及している。

 1点ビハインドとなった直後に投入された杉本は、後半32分に相手のミスを拾ってドリブル突破を仕掛けて左足シュートを放ったものの、GKミニョレのセーブに阻まれた。この場面では相手DFに対して日本が数的優位にあっただけに、的確な状況判断が試されるシチュエーションでもあった。

「まだ伸ばすところはたくさんある。経験のない選手たちが多い。2試合を通していろいろな結論が導き出せた。我々に別のトレーニングが必要だと教えてもらった」

 世界屈指の強豪相手に浮き彫りとなった“経験不足”。今年12月にはE-1選手権(旧東アジアカップ)が控えているが、国際Aマッチは来年3月までない。限られた時間のなかで彼らに再び期待を託すのか、それとも――。ハリルホジッチ監督のワールドカップに向けた選手選びに注目が集まる。

【了】

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images