日馬富士の暴行問題「殺意あったと判断されても不思議ではない」

ざっくり言うと

  • 日馬富士の暴行問題について刑法に詳しい専門家らは厳しい見方を示している
  • 「殺意があったと判断されても不思議ではない」と甲南大法科大学院の教授
  • スポーツ評論家は「横綱の個人の問題で終わらせてはいけない」と指摘する

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング