『わろてんか』第40話では、伊能(高橋一生)が藤吉(松坂桃李)の助っ人に 大物落語家への交渉に挑む

写真拡大

 毎週月曜日から土曜日まで放送されているNHKの連続テレビ小説『わろてんか』。明日放送の第40話では、伊能(高橋一生)が藤吉(松坂桃李)に大物落語家を紹介する。

参考:高橋一生の演技は、なぜもっと観たくなるのか? 『おんな城主 直虎』柴咲コウとの名コンビを読む

 第39話では、藤吉(松坂桃李)と伊能(高橋一生)が飲みに行き、大ゲンカをする模様が描かれた。第40話では、伊能から大阪落語の重鎮・文鳥(笹野高史)を紹介してもらった藤吉が出演交渉に向かう。しかし、藤吉は文鳥から安易にツテを頼って来た姿勢をたしなめられてしまう。風鳥亭の先行きに不安を感じたアサリ(前野朋哉)は姿を消し、てん(葵わかな)は家計を支えようとまた内職を始める。

 本作は、笑いをビジネスにした日本で初めての女性・藤岡てんの一代記を描く“愛と笑い”の物語。明治から昭和初期の大阪を舞台に、主演の葵わかなをはじめ、松坂桃李、濱田岳、広瀬アリス、徳永えり、大野拓朗、前野朋哉、兵藤大樹、藤井隆、内場勝則、高橋一生、鈴木保奈美、鈴木京香、竹下景子、遠藤憲一らがキャストに名を連ねる。(リアルサウンド編集部)