来年秋の自民党総裁選で“ポスト安倍”に意欲的な元地方創生担当相の石破茂氏(60)が13日、都内ホテルで盛大なパーティーを開いた。石破氏は、ライバルの岸田文雄政調会長(60)や野田聖子総務相(57)が安倍政権の重要ポストに就いたのとは対照的に“安倍1強”に対する不満の受け皿として存在感を示している。

 一部では、年内中に自らが領袖を務める「水月会」(20人)独自の政策集を発表し、総裁選で掲げる公約のベースにしたい意向を示したと伝えられたが、まだハッキリしていないのが現状だ。

 この日、あいさつした自民党総務会長の竹下亘氏(71)は「今後、石破さんは、20人の同志とともに総理総裁になる道を選ぶだろう。総理になる人は、人の面倒をしっかりとやる。しかし、同志は『何年間も干されようが、石破さんを総理にするぞ』という熱意が全く感じられない」と苦言を呈した。

 世間での“石破人気”と裏腹に党内で支持が広がらない原因は「石破氏と小池百合子知事の不気味な“蜜月関係”がバレたからだ」という。

 石破氏と小池氏は元新進党の同志。2012年の総裁選で小池氏は、それ以前には同じ派閥だった安倍晋三首相(63)でなく石破氏を支持した。

 自民党国会議員は「石破氏は衆院選直前、『小池さんをなめたら大変なことになる』と一目置く発言をした。一方、小池氏は都政を運営するには国政に関与する必要があると常々主張してきました。そんな2人は、もし衆院選で希望の党が大勝していたら、小池氏は石破氏を首班指名し、石破総理を誕生させ、タッグを組むというシナリオを描いていたらしい。でも、裏でこそこそやるように思われる石破氏の政治手法は、今の自民党内では嫌われる」と明かした。