花粉症でこすったら網膜はく離に! 目のためにやっちゃいけない意外なこと

写真拡大

【この差って何ですか?】(TBS系)2017年11月7日放送
「常識を覆す...目に良いことと悪いことの差」

歳を重ねるにつれ、小さい文字が読めない、ものがかすむ...など、目に関する悩みが出てくるものだ。平均寿命は伸びる一方だが、目の健康寿命は70年ほどともいわれる。

「目はむき出しの臓器」というのは、2017年度、世界最高の眼科外科医に贈られる「クリチンガー・アワード」を受賞した深作眼科の深作秀春院長だ。大切にすれば長く目の健康を保てるが、多くの人が「目によい」と信じてやっていることが、実は勘違いかもしれない。

疲れた時に眼球を動かす運動はNG

目が疲れた時、眼球を上下左右に動かす運動をするのはNGだ。生きていれば自然と目を動かすので、わざわざ激しく動かしても何のメリットもない。それどころか、少しずつ視野が欠ける「網膜はく離」になるおそれがある。

目には「硝子体(しょうしたい)」という水を含んだ組織があり、その周りに網膜がある。目を激しく動かすと硝子体が揺れ、網膜から張った枝が引っ張られて膜が破れる場合がある。それが広がると網膜はく離となる。

目の疲れに効くツボがある眉間をマッサージするのは効果的だが、骨の部分を押すようにしよう。目そのものを押してしまうと、弱い力でもやがて網膜がはがれる原因となりうる。深作氏によると、花粉症で目をこすって網膜はく離になった人もいたという。

濃い色のサングラスで白内障リスクが高まる

白内障の原因の一つが紫外線だが、濃い色のサングラスをかけると、白内障のリスクが高まるおそれがある。

目に入る光の量は、瞳孔が開いたり閉じたりして調節している。明るいと瞳孔が閉じ、暗いと開いて光を多く入れようとするが、濃いサングラスだと視界が暗くなり瞳孔が開く。しかしサングラスの上や横のすき間から反射して目に光が入り、大きく開いた瞳孔から紫外線の害が及んでしまう。サングラスをかける場合は、濃い色より薄い色を選ぶようにしよう。

失明の原因第一位の病気は「緑内障」だ。視神経がダメージを受け視野がせまくなるが、片目が緑内障になって見えにくい部分があっても、もう片方の目が正常なら、脳内で映像が合成されて正常に見え、失明寸前まで気付かないのが恐ろしいところだ。

運動後は水分をたくさん摂(と)りたいところだが、一気に大量に飲むと緑内障のリスクが高くなる。

体内の水分が急に増えると目の水分も急激に増え、脳に映像を送る視神経を圧迫して傷付けてしまう。運動後に限らず、どんな状況でも大量の水分を一気に摂るのは控えよう。