「庭先」で米国愛を叫ぶの図

写真拡大 (全2枚)

米中韓メディアが冷笑「トランプ父娘来日」の“おもてなし狂想曲”(1)

 安倍晋三総理(63)の掲げる金看板が、「戦後レジームからの脱却」であることは説明するまでもない。だが今回、紛う方なき日本の国土で繰り広げられた光景は、米国のご機嫌取りという戦後レジームそのものにも映り……。トランプ父娘来日による、おもてなし狂想曲。

 ***

「U、S、A!」

「U、S、A!!」

「U、S、A!!!」

 11月5日午前10時30分、東京都福生(ふっさ)市。2時間ほど前から、迷彩服を身に着けた米兵のバンドの生演奏による「レッド・ツェッペリン」「ピンク・フロイド」「ジャーニー」等のロックバンドの曲が大音量で轟いていたそこは、大USAコールに包まれていた。

イヴァンカ大統領補佐官

 その米軍横田基地に降り立った大統領専用機「エアフォースワン」。会場には、山口県岩国基地から飛んできたF35戦闘機と、青森県三沢基地から馳せ参じたF16戦闘機が鎮座し、誇らしげに威容を見せつけている。

「私がこの旅を始めたかったのはここ以外にない!」

「我々は決して屈することはない!!」

「スカイもシーもランドも、そしてスペース(宇宙)も、我々が支配している!!!」

 ドナルド・トランプ大統領(71)がこう叫ぶと、彼を囲んだ約2000人の米兵たちの高揚は最高潮に達した。

 一方、招かれていた300人ほどの航空自衛隊員は、まさかUSAコールを唱和するわけにもいかず、所在なげに佇(たたず)む。しかも、そこに辿り着くには、空自幹部までが若い米兵によるセキュリティチェックを受けなければならなかった。

「庭先」で米国愛を叫ぶの図

 ひとしきり「USA最高」演説をぶったトランプ大統領は、レッド・ツェッぺリンの曲、その名も「ロックン・ロール」が鳴り響くなか、米兵たちとハイタッチを交わし、大統領専用ヘリ「マリーンワン」で埼玉県川越市のゴルフ場へと飛び立った。無論、そのヘリの燃料も米軍が用意したものだった。

 この日、福生は完全に米国の大統領の「庭先」と化していた。だが言わずもがな、福生は日本の国土である。戦後72年を経てなお、我が国が事実上の「米国51番目の州」である現実がそこに存在していた――。

ゴルフ外交に向けた「練習」

 遡ること2日の11月3日昼過ぎ、神奈川県茅ヶ崎市。秋の穏やかな日差しを浴びた安倍総理は弾けた笑顔を見せていた。

 そのほぼ真北に位置する同県座間市は、稀代のシリアルキラーによって血腥(ちなまぐさ)い憂鬱に包まれていたが、そうした巷(ちまた)の空気をよそに、安倍総理はとびっきりの笑みを浮べていたのだ。

 ゴルフ場「スリーハンドレッドクラブ」。一緒にラウンドし、彼の笑顔を目の当たりにした長谷川栄一総理補佐官は、記者団にその様子をこう明かしてみせた。

「総理は『よしっ!』といった具合に身振り手振りが激しくて、ゴルフをとても楽しんでいた。(総選挙等で)よほどストレスを溜め込んでいたんだろうね」

 確かに安倍総理がゴルフに興じたのは半年ぶりのことであった。しかし、彼の心を軽くしていたのはそれだけが理由ではない。この日のプレーには、多分に「練習」の意味合いが含まれていたのだ。2日後には、トランプ大統領との「ゴルフ外交」が控えていた。安倍総理にとって彼は、大統領選勝利直後にわざわざ米国まで赴き、「ラブコール」を直接伝えた「思い人」。どうしたら彼を喜ばせることができるか。あたかも恋する乙女の如き安倍総理は、5日、「日本の中の米国」に降り立ったトランプ大統領と、楽しく、無邪気に、そして健気にゴルフに興じたのだった――。

イヴァンカ氏来日のドタバタ

 11月5日からトランプ大統領が、それに先立つ2日から彼の長女であるイヴァンカ大統領補佐官(36)が、ともに2泊3日の日程で来日。トランプ父娘をいかにしておもてなしするか、いやどうやって彼らのご機嫌を損ねることを避けるか。日本政府にとって気を揉む6日間となった。

「トランプ父娘を怒らせないように、それはそれは気を遣いました」

 と、官邸関係者は振り返る。

「彼らに振り回されたと言えるのかもしれませんが……。いずれにしても、最高の接待を心掛けたのは間違いありません。まずは食事。トランプ、イヴァンカともに、『生モノを使う和食が得意ではない』と聞いていたので対応に苦慮した。結局、安倍総理がイヴァンカに振る舞ったディナーはフレンチでした」

 外務省担当記者が補足する。

「通常、米国大統領の来日となれば、遅くとも1週間前くらいには細かいスケジュールが発表されます。ところが今回は、『トランプ日程』が明らかになったのが11月2日で、『イヴァンカ日程』もギリギリまではっきりしませんでした。そのひとつの理由は食事で、店選びに手間取ったせいではないかと見られています」

 実際、安倍総理とのディナーとは別に、イヴァンカ氏来日初日の夕食を用意した東京・赤坂の割烹「たい家」の芦野賢司料理長はこう証言する。

「注文が来たのは当日の午後1時か2時頃という急の急でした。ベジタリアンと聞いたので肉と魚は抜いたのですが、限られた時間と材料では大したことはできず……」

 イヴァンカ氏の来日が、いかにドタバタだったかを物語っている。

 また、彼女は来日2日目に、安倍総理以外の3人の閣僚とも個別に会談しているが、

「各大臣との細かい会談時間は、前日の時点でもはっきり分かりませんでした」(大手紙政治部デスク)

 さらに、帰途に就く4日の午前中、イヴァンカ氏が皇居付近を散策するに際しては、

「直前まで銀座でショッピングという選択肢も残されていた。そのため警備も、どちらのプランになってもいいように準備せざるを得なかったそうです」(同)

米紙曰く〈異様な熱狂〉

 どんな「わがまま」にも対応してみせる。それがおもてなしの真骨頂と言われてしまえばそれまでだが、国際ジャーナリストの堀田佳男氏は、

「私はレーガン大統領の時代から30年以上にわたって米国政治の現場を取材してきましたが、大統領の親族を一国の総理がここまで厚遇した例は記憶にありません。そこまでしてでも、安倍総理はトランプ大統領に取り入りたいということなのでしょう。また、傍(はた)からは、モデル体型のイヴァンカ氏に安倍総理がデレデレしているようにも見えてしまいました」

 その安倍総理の「本心」を、先の官邸関係者が解説する。

「トランプが大統領選に勝利するまで、我々は彼に直接つながる『いい人脈』を充分には持ち得ていなかった。そこで、将を射るにはまず馬からということで、彼女のファッションブランドが日本進出を狙っていた経緯から我が国との縁もあるイヴァンカを重要視してきた。そんな彼女にヘソを曲げてもらっては困りますからね」

 なるほど、「馬」の気まぐれにもとことん付き合うわけだ。彼女が設立に関与した女性起業家を支援する基金に、この度、安倍総理が57億円もの資金拠出を約束したのも頷ける。

 なお、11月2日付の米紙「ワシントン・ポスト」のツイッターにはこんなつぶやきが記されている。

〈イヴァンカ・トランプに日本の異様な熱狂〉

 しかし、実はそんな「最賓客」である彼女の来日中に、官邸の面々が顔面蒼白になる一幕もあった。

 政府関係者が耳打ちする。

「3日の午前中に、イヴァンカさんは女性の活躍推進に関する『国際女性会議WAW!』に出席して講演を行いましたが、会場となった東京プリンスホテル『鳳凰の間』は、後ろの客席がガラガラ状態だったんです。『どうしてしっかり動員をかけていなかったんだ』と、外務官僚が官邸スタッフに叱られていました」

「週刊新潮」2017年11月16日号 掲載