サイドでの攻防では後手を踏むことなく対応した長友だが……。失点の場面ではR・ルカクのマークを外してしまった。写真:茂木あきら(サッカーダイジェスト写真部)

写真拡大

[親善試合]日本0-1ベルギー/11月15日/ブルージュ(ベルギー)
 
 日本代表は11月15日、ベルギー代表と対戦し、惜しくも0-1で敗れた。
 
 後半途中までは粘り強い守備でベルギーのテクニックに対抗し、互角の戦いを見せていたものの、72分に失点。エリア内にドリブルでの侵入を許すと、クロスを上げられ、最後は相手のエースであるロメル・ルカクにヘディングで決められた。
 
 この時R・ルカクのマークについていた長友は、「前半からチームがひとつになって、集中した守備ができていた。良いゲームができていましたけど、負けは負けなので悔しいですね」と試合後に悔しさを露わにした。
 
 日本も何度かシュートチャンスを迎えたものの決めきれず、結局はノーゴール。決定力の違いが露骨に出た結果となった。
 
「(相手には)決めるべきところを決められた。僕らもチャンスがありましたけど、それを決めきれないのは(世界との)差かなと思います」
 
 イタリアのインテルで活躍する長友も改めて、日本代表と世界の強豪との差を痛感したようだ。

【日本代表PHOTO】積極的な戦いで好勝負を演じるも、ベルギーとのアウェー戦に0-1で敗れる