宝塚歌劇団のOGと聞いてビックリする芸能人ランキング

写真拡大 (全4枚)

華やかで美しい歌とダンスで多くの人を魅了する宝塚歌劇団。退団後、芸能界で活躍している人も少なくありません。しかしながら、中には元宝塚ということをあまり知られていない人も。
そこで今回は、宝塚歌劇団のOGと聞いてビックリする芸能人について探ってみました。

1位 はいだしょうこ
2位 黒木瞳
3位 檀れい
4位以降のランキング結果はこちら!

1位は「はいだしょうこ」!


歌手、女優、タレントとしてマルチに活躍するはいだしょうこ。『おかあさんといっしょ』(NHK)の第19代目うたのおねえさんとして活躍していたことで有名です。ほんわかとしたやわらかな性格と、少し天然っぽい雰囲気がウケ、バラエティ番組でも活躍しています。
そんな彼女も実は宝塚歌劇団の卒業生。1998年に宝塚音楽学校を卒業し、84期生として宝塚歌劇団に入団。当時は“千琴ひめか”という芸名でした。星組で娘役として活躍し、2002年に退団。宝塚時代から歌の上手さに定評がありました。
彼女のやわらかな雰囲気や性格が、キリリとした宝塚歌劇団と結びつかないということから、宝塚歌劇団のOGと聞いて驚いた人が多数。1位となりました。

2位は「黒木瞳」!


上品で美しく、多くの女性の憧れの存在でもある女優の黒木瞳。2017年の夏ドラマ『過保護のカホコ』(日本テレビ系)にて主人公の過保護な母親役を熱演したのは記憶に新しいところ。シリアスな役柄からコミカルな役柄まで演じ分けることができる名女優です。
そんな彼女は1981年に宝塚歌劇団に入団。月組の娘役として活躍し、史上最速である入団2年目で娘役トップに就任しました。宝塚ファンの間では有名な伝説ですが、女優・黒木瞳しか知らない人も多く、2位となりました。

3位は「檀れい」!


映画やドラマで活躍している女優の檀れい。『サントリー 金麦』のテレビCMで見せるあどけない笑顔や仕草が可愛すぎると話題になっています。
そんな彼女は1992年に宝塚歌劇団に入団。入団時の成績は最下位だったものの、入団7年目に月組の娘役トップに就任しました。退団後、木村拓哉主演の映画『武士の一分』で一躍人気を集めました。そんな彼女が宝塚出身であることを知らない人が多く、3位となりました。

このように、特に若い世代から宝塚歌劇団のOGであることを知られていない芸能人も少なくありません。気になる4位〜42位のランキング結果もぜひご覧ください。

みなさんは、宝塚歌劇団のOGと聞いて驚いた芸能人はいますか?

(写真:MANTAN/アフロ)

調査方法:gooランキング編集部が「リサーチプラス」モニターに対してアンケートを行い、その結果を集計したものです。
有効回答者数:500名(20~30代男女各250名:複数回答)
調査期間:2017年10月19日〜2017年10月19日